『仮面ライダーリバイス』スピンオフに工藤美桜と滝裕可里が参戦「可愛いの渋滞です!」

『仮面ライダーリバイス』スピンオフに工藤美桜と滝裕可里が参戦「可愛いの渋滞です!」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/08/07
No image

『仮面ライダーリバイス』のスピンオフドラマとして東映特撮ファンクラブ(TTFC)で配信されている『仮面ライダージャンヌ&仮面ライダーアギレラ with ガールズリミックス』第2話(8月21日配信)に、『仮面ライダーゴースト』に登場した深海カノン(演:工藤美桜)と『仮面ライダービルド』に登場した滝川紗羽(演:滝裕可里)が参戦することが発表された。

『仮面ライダーリバイス』浅倉唯、念願のデッドマンズ復活「まさかこんなタイミングで実現するとは」

8月7日より配信がスタートした『仮面ライダージャンヌ&仮面ライダーアギレラ with ガールズリミックス』第1話。新キャストとして工藤美桜と滝裕可里の出演が発表された。さらに、夏木花(浅倉唯)が歌う主題歌『Riot in bloom』も本日より各音楽配信サービスで配信開始している。

昨年、TTFCオリジナル『仮面ライダースペクター×ブレイズ』で仮面ライダーカノンスペクターに変身を果たした深海カノンが再び眼魔世界からやってくる。また、『仮面ライダービルド』でフリージャーナリストだった滝川紗羽が、元難波重工のスパイとしての腕前を発揮し、今回も敵の組織の裏を探る。
○滝裕可里(滝川紗羽役)コメント

『仮面ライダービルド』の放送が終わって4年。まさかまた滝川紗羽を生きられるとは思っていなかったです。それと同時に、ガールズリミックスという「女の子達が戦う」という新しい企画に呼んで頂けて素直に嬉しく思いました。『ビルド』だけではなく、今までに演じさせて頂いた『(仮面ライダーW RETURNS)仮面ライダーアクセル』の葛木葵(2011)、『仮面ライダーゴースト』白瀬マリ(2015)をも思い出させてくれる脚本に愛を感じ有難いなと思いました。私にとって初めての特撮作品の出演となった『仮面ライダーアクセル』でお世話になった坂本監督作品ということもまた縁を感じました。撮影では滝川紗羽史上、一番戦った気がしています(笑)さすが坂本組!といった感じでしたね。今までは逞しいライダーの背中を見てきましたが、華奢で可憐なライダーたちの背中もまたカッコよくて鳥肌が立ちました。沢山の仮面ライダーファンの方に楽しんで頂ける作品に参加できて本当に光栄です。

○工藤美桜(深海カノン 役)コメント

女性ライダー勢揃いということで、その中に私も入って戦えるのが本当に嬉しかったです!! 先輩方やそれぞれの世界の方との共闘はグッとくるものがありました…! そして女性ライダーならではの強さと美しさ、そして可愛らしさがそれぞれのキャラクターで表現されていて、観ている皆さんにも存分に魅力を堪能していただける作品になっていると思います。
監督が坂本監督ということは……?!なアクションも……カノンちゃん、強くなっています。カノンちゃんの成長も感じていただけたら!本編だけではなくエンディングなどにも注目です!! 皆さん、キャラクターの性格が各々忠実に表現されていますし、……可愛いの渋滞です!(笑)
○第2話あらすじ

秘密結社ブラックサタンの襲撃を退け、手紙の主である夏木ユリ子に会うことが出来た花。ユリ子は母親と一緒にずっと花を探していたという。花はユリ子に自分が小さかったころの思い出を聞かされ、少しずつ心を許していく。そんなとき、花の心の中では花の悪魔が話しかけてきて……。一方のさくらたちはユリ子が“電波人間”と関係していることを突き止め、「ガールズリミックス」を結成、花を助けに向かう。途中で滝川紗羽と深海カノンとも合流し、花の元へたどり着くが、そこにいたのは、意外な姿をした花だった――。

(C)東映特撮ファンクラブ (C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加