そろそろ真剣に「サメ映画とは何か」を考える時が来たのかも知れません

そろそろ真剣に「サメ映画とは何か」を考える時が来たのかも知れません

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/09/15

1975年製作のスティーヴン・スピルバーグ監督作「ジョーズ」をはじめ、殺戮マシンと化したサメが人間を襲う「ディープ・ブルー」、竜巻に巻き込まれたサメが空から降ってくる「シャークネード」など、これまでに多様なサメ映画が製作されてきた。2018年のジェイソン・ステイサム主演作「MEG ザ・モンスター」が、全世界で5億3000万ドル超の大ヒットを飛ばしたことは記憶に新しい。

2021年8月4日、サメ映画専門のバイヤー兼翻訳家・サメ映画ルーキー氏のツイートが話題を呼んだ。サメが出ないサメ映画「No Shark(原題)」に言及したツイートの中には、「そろそろ真剣に『サメ映画とは何か』を考える時が来たのかも知れません」という一文が。そこで映画ナタリーでは、サメ映画ルーキー氏と“サメンテーター”である中野ダンキチ氏の対談を企画。サメ映画とはなんなのか、たっぷり語り合ってもらった。

取材・文 / 小澤康平

No image

「ジョーズ」(写真提供:UNIVERSAL / Allstar Picture Library / ゼータ イメージ)

すべての画像・SNS投稿を見る(全9件)

サメ映画の定義とは?

──まずはお二方が考えるサメ映画の定義を教えてください。

中野ダンキチ 私の中では3つ条件がありまして、1つは製作者や宣伝担当者が「これはサメ映画です」と打ち出していること。2つ目は分数が60分以上であることです。ものすごく短い作品もあるので、映画としてどこかで線引きする必要があるため60分以上としています。最後に、サメによる恐怖を感じさせる作品であること。サメとの心温まるふれあいを描いたものは除外しています。ただサメ映画という言葉が定着したのは最近な気がしていて、こじつけて定義している感覚はありますね。今後変化していく可能性は大いにあります。

サメ映画ルーキー 僕もほぼダンキチさんと同じ考えです。サメ映画というジャンルの根本には「ジョーズ」があって、サメを起点とする非常事態に人々が巻き込まれていくのがサメ映画のテンプレート。なので、サメによる恐怖が描かれているというのは一番重要な点だと思います。その一方で、本編にサメがちょっとしか出ていない作品を「ジョーズ」のようなサメ映画としてプロモーションすることが多々あるんですよね。そういう乗っかり方はサメ映画の伝統になっていて、宣伝側がサメ映画と打ち出しているものを含めないのはかわいそうなので、タイトルに「シャーク」や「ジョーズ」、パッケージにでかでかとサメが写っているものは含めていいのではないかと。分数については僕はあまり気にしていないです。

ダンキチ 「ジョーズ」以前の作品はどう考えてます? 1932年の「虎鮫」や1969年の「サミュエル・フラーのシャーク!」 を入れるかどうかは、人によって分かれるところだと思うんですけど。

ルーキー 難しいですね。

ダンキチ 私としてはサメ映画に入ると思っています。「虎鮫」でもちょこっとだけサメの恐怖が描かれているんですよね。「サミュエル・フラーのシャーク!」 の原題は「Shark!」なので、おそらくサメ映画として売り出そうとしていたのだと思います。そのほかにもアニメやCG作品を含めるのかどうかも難しいので、正直それぞれが「これがサメ映画!」と定義してしまっていい気はしています(笑)。例えばゾンビ映画と比べると、サメ映画ってまだ未開拓なんです。重鎮みたいな人はいないし、たぶんサメ映画をどう定義しても怒る人はいないと思うので。

ルーキー 映画の中にサメを見出せれば、もうその人にとってはサメ映画なんですよね。

宮本武蔵が無刀の境地に至ったように…

──今回の対談は、ルーキーさんが映画「No Shark」に言及したツイートがきっかけになっています。今のお話を踏まえると、サメの恐怖が描かれていればサメが出ずともサメ映画として成立すると思います。「桐島、部活やめるってよ」のように、不在がその存在を際立たせる作品もありますが、「No Shark」はどんな内容になっているとお考えですか?

サメ映画ルーキー ツイート(「No Shark」について)の表示はこちら

ダンキチ おそらく製作側に緻密な考えがあるわけではなくて、「ひらめいた! やったぜ!」というテンションなのではないかと(笑)。日本映画の「JAWS in JAPAN」のようにサメがほとんど出ないサメ映画はいくつかあるんですけど、「No Shark」の製作陣はたぶん観ていないでしょうし、今までにないサメ映画を作りたいということだと思います。怪獣が来るぞ来るぞと言って、来ないみたいな。

ルーキー 「大怪獣東京に現わる」ですね。そもそも「ジョーズ」も、サメがたくさん出てくるかと言ったら全然そんなことない。サメがいること自体も怖いですけど、存在しているサメが見えないことの恐怖も同時に描いていると思うんです。ただ、製作陣があえてサメを出さないというのは「No Shark」が初めてな気がします。とりあえずヒレだけ出したり、予算の都合でサメが一瞬しか出ない作品はあるんですけど(笑)。監督がどこまで狙っているかはわからないですが、サメ映画を極めていった結果、宮本武蔵が無刀の境地に至ったようについにサメを出さなくなったんだと考えているファンはいるかもしれないですね。

ダンキチ はははは、素晴らしい。もうみんな幻想を見ているんじゃないかという(笑)。

ルーキー サメは心の中にいる! みたいな。

ダンキチ いいですねえ。

──映画によっては宣伝のために、本編に出てこないサメをパッケージに載せているパターンもあります。一方「No Shark」はポスターにもサメが描かれていないですね。

ルーキー 男気を感じました(笑)。

アサイラムにもルールはある

──作品名に「ジョーズ」と入っているものや、明らかに名作タイトルをまねているサメ映画もあります。トラブルにはならないんでしょうか?

ダンキチ サメ映画に限らず、映画業界全体としてゆるい印象はあります。ただ表には出ていない話で大企業から訴えられたことのある会社を知っているので、すべてが許されているわけではない。何がセーフで何がアウトかは難しいところですが、確実に言えるのは「ヒットしないから怒られない作品がたくさんある」ということです(笑)。2015年製作の「メガ・シャークVSグレート・タイタン」という映画があるんですけど、巨人の造形がある人気マンガにそっくりなんですよ。ほかにも邦題が「シン・ジョーズ」という作品があったり。

ルーキー 「シン・ジョーズ」の原題は「Atomic Shark」で、実はアメリカだと「Jaws」と入っているものはあまりないんです。訴えられないために使わないという事情があって。「ジョーズ」シリーズとしては4作目である「ジョーズ1987 復讐篇」が最後なんですが、以前「Jaws 5」を勝手に作った人がいて、訴えられそうになったのでタイトルを「Cruel Jaws(邦題:ジョーズ'96/虐殺篇)」に変更していました。でも、そもそもモックバスター(メジャーな作品に便乗し、同じようなテーマやタイトルで映画を製作すること)で名を馳せてきたアサイラム(「シャークネード」シリーズなどで知られるアメリカの映画会社)だけは別枠な気がします。

ダンキチ 「あいつらまたやってるよ」と関係者たちも笑っているんですよね。「パクられてますけどいいんですか?」と聞かれた大手配給会社の社員が「どんどんやってくれ!」みたいに答えていたのを映像で観たことがありますし。やりすぎて怒られたのか、あとからタイトルを変更した事例はありましたが。

No image

──アサイラムは特別扱いされているんですか?

ダンキチ されているかもしれないですね。一応アサイラムにもルールはあって、タイトルはまねるんですが、ストーリーはオリジナルなんですよ。いつも決まって「たまたま似たタイトルだった。話は別物だよ!?」と言い訳するんです。新作の「Ape vs. Monster(邦題:ロード・オブ・モンスターズ 地上最大の決戦)」も、偶然タイトルが「Godzilla vs. Kong(邦題:ゴジラvsコング)」に似ただけです。たまたまですよ。

ルーキー はははは(笑)。

サメ映画の製作者は全員ジョーズチルドレン

──サメ映画を語るうえで「ジョーズ」は絶対に外せない作品ですが、「BAD CGI SHARKS/電脳鮫」という映画には、「サメ映画という概念が生まれたのは『ジョーズ』ではなく『ジョーズ2』」という意味のセリフが登場します。

ルーキー 「ジョーズ」はみんなに愛されている別格の存在です。絶対に超えられない作品と言っても過言ではないかもしれない。監督がスピルバーグからヤノット・シュワルツに代わり、1作目で描かれていた政治・経済的な問題は全部捨てて、アクション映画に振り切ったのが「ジョーズ2」だと思うんです。「ジョーズ」を作ることはできないけれど、こういうのだったら自分にもいけるかもと思わせたのが2作目なのではないかなと。

ダンキチ 平たく言うと、サメ映画を作っている人たちは全員ジョーズチルドレンということですよね。

ルーキー そうですね。これは皆さんおっしゃることですけど、「ジョーズ」はサメ映画ではなく映画で、「ジョーズ2」からがサメ映画だと(笑)。

──なるほど(笑)。その考え方だと、「ディープ・ブルー」「MEG ザ・モンスター」といったヒット作はどういう位置付けになりますか?

No image
No image

ルーキー 難しいですね。サメ映画史においては確実に語られるべき作品ですが、「ジョーズ」のように映画史に残るかと言われたら……苦しい言い方をするとA級サメ映画です。

ダンキチ やっぱり「ジョーズ」は特別で、アメリカ人にとっての「ジョーズ」は日本人にとっての「ゴジラ」のような存在。特に映画が好きな人からしたら、神聖で、象徴で、大切なもの。それを一生懸命みんなで崩すことでサメ映画文化が築かれているわけですけどね(笑)。

恐怖と興味の二極化が進むサメ映画界

──ダンキチさんは以前、サメ映画のテーマが恐怖→興味→恐怖と移行していることにTwitterで言及していました。これはどういう意味でしょうか?

ダンキチ 恐怖としての始まりは1975年の「ジョーズ」です。本作の大ヒット以降、サメ映画は恐怖の一点張りで、「とにかくサメは怖い生き物」「海で背ビレが見えたら襲ってくる」といったテーマで「ジョーズ」風の作品がたくさん作られました。興味に移行したのは、アサイラムの出現が大きいです。2009年の「メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス」や2013年の「シャークネード」で、「そんなバカな!?」という意外性をもって恐怖を忘れさせてくれた。ただ2018年に「シャークネード」シリーズが終わり、同年の「MEG ザ・モンスター」が「ジョーズ」を超えるヒットを記録したことで流れが再び恐怖に変わります。「MEG ザ・モンスター」の続編はすでに動き始めていますし、アサイラムも「ホワイトシャーク 海底の白い死神」といったシリアス路線にシフトしつつあるように思えます。

No image

ルーキー 「海底47m 古代マヤの死の迷宮」も、サメが恐怖のギミックの1つだった前作「海底47m」とは違いサメ映画に振り切っています。「MEG ザ・モンスター」をきっかけに、メジャーな映画会社がサメは売れると思い始めている節はあると思います。一方でインディーズのサメ映画もたくさん作られていて、インパクト勝負の奇妙な作品がたくさん誕生しています。

ダンキチ 恐怖→興味→恐怖と来て、今は恐怖と興味の二極化が進んでいるんですよね。

──ルーキーさんがサメ映画の既出ネタをまとめていましたが、今後も新たな興味寄りの作品が生まれていくと。

サメ映画ルーキー ツイート(サメ映画の既出ネタについて)の表示はこちら

ルーキー 一発ネタはどんどん増えていくと思います。個人的には日本でちゃんとサメ映画を撮ってほしい気持ちがあって。今のところ邦画でサメ映画と呼べるものは「JAWS in JAPAN」だけだと思うんですよね。短編だと「ダンサー・イン・ザ・シャーク」という作品もありますが、サメは一瞬しか出ない。日本映画でもっともサメ映画らしい撮り方をしているのは「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」で、あれを超える描写は今のところないです。

ダンキチ 確かにないですね。私は邦画のサメ映画にはあまり興味がなくて、アメリカ人の監督に日本で撮ってほしいです。「シャークネード5 ワールド・タイフーン」には東京タワーが一瞬出てくるんですが、日本のいろんな町にサメが出てくるのを観たい。あとはフカヒレだけが襲ってくるとか?(笑)

ルーキー アメリカ以外の国にも作ってほしいですね。僕が一番期待しているのはアフリカで、特に独自の映画の文化圏を確立しているウガンダ、ガーナ、ナイジェリア。例えば今年の6月に公開された「アフリカン・カンフー・ナチス」はガーナ、ドイツ、日本の合作ですが、あの作品の監督にサメ映画を撮ってほしいです。

ダンキチニンジャマンと呼ばれているサミュエル・K・ンカンサさんですね。絶対サメが空を飛ぶ。

ルーキー あははは(笑)。個人的には、リアル志向よりも瞬時にフィクションとわかるようなバカバカしいサメ映画が増えてほしいと思っています。サメを恐怖の対象として描きすぎるのはよくないんじゃないかという声もいろいろなところから聞くので。実際にはコメディである作品を映画会社が恐怖のサメ映画として打ち出すことが、サメへのネガティブなイメージにつながっていることは否定できないと思うので、それを払拭するための取り組みは今後始まるでしょうし、自分でもやっていきたいです。

サメ映画にハマって失ったものはない

──ダンキチさん個人の話で言うと、「えっ?サメ男」というスウェーデン映画の日本での権利を持っているんですよね。どういう経緯で購入されたのでしょうか?

ダンキチ これまでサメ映画に関するいろいろな活動をしてきて、「まだやってないことってなんだろう?」と考えたときに浮かんだのが権利を持つことでした。サメ映画を好き勝手に“Z級”などと評してきたのですが、「自分で買ったらそんなこと言えなくなるぞ」と言われたことがあり、ちょっと引きずっていたんですよね。私もルーキーさんもコンマビジョンという会社の裏方をやっていて、希望するサメ映画を次々と買ってもらうことに成功してるんですけど(笑)、中には「これは買えない」とコンマさんが拒否する作品もあります。実は「えっ?サメ男」はその中の1本で。

No image

──購入してみて、何か心境に変化はありましたか?

ダンキチ サメ映画の権利を持っているという満足感はすごく得られました。ただ満足感だけですね(笑)。金額も相当安価だったので、なんとしても元を取らないと、という気持ちにもならなくて。

ルーキー 「えっ?サメ男」はもともと日本で配信される予定があって、翻訳は僕が担当したんです。そのときに本国側の担当者と連絡を取り合っていたんですけど、いろいろと管理するのが面倒になったのか、音信不通になってしまって。そのあとしばらくして「権利を買いたい人がいる」と連絡したら、すぐに返信が来ました。おそらく即金でお金が欲しかったのかなと(笑)。

──(笑)。日本で配信予定だった際に翻訳を引き受けたのは、「えっ?サメ男」のような作品も広めたいという思いがあったからですか?

ルーキー そうですね。あまりにもバカバカしい作品だからこそ観てほしいという気持ちはあります。自分だけが観るのではなくなるべく大勢の方に観てもらって、作品について話し合えたほうが楽しいですし。名作映画を1人で観て噛み締めるのもいいですが、わけがわからないサメ映画への「どうなってるんだこれ」という思いを観た人同士で共有するのも1つの楽しみ方だと思います。

──そうやって笑い合えるのもサメ映画の醍醐味ということですね。ルーキーさんは過去にTwitterで、サメ映画は基本的に駄作ばかりだがワンシーン、ワンカットはいいところがあって、それを見出すのが自分の楽しみ方とおっしゃっていました。素敵な考え方だと思うのですが、サメ映画を観続けて得たものは多いですか?

ルーキー 減点方式ではなく「ここがよかった」という加点方式でサメ映画を観始めたことで、ほかの映画も同じような観方をするようになりました。どんなものでも楽しめるようになったんですよね。クオリティが低いものに対してちゃんと苦言を呈さないと、観客に対して作り手が甘えてしまうんじゃないかとも思ってはいるんですが。

──ダンキチさんは、サメ映画にハマって一番よかったことってなんですか?

ダンキチ ルーキーさんのようなサメ映画好きの仲間に出会えたことです。私は何年も前からZ級や未公開のサメ映画を紹介する活動をしていたんですが、イベントを企画しても本当に需要がなくて。お客さんはいつも5人とか10人だったんですが、今は日本でもサメ映画が人気になって、活動を続けることができている。しつこく「サメだサメだ」と言い続けてよかったです。

──逆に失ったものは?

ルーキー 失ったもの……。

ダンキチ 全部じゃないですか?(笑)

ルーキー 時間とお金と……(笑)。でも実際は失ったものはなくて、得たもののほうが多いです。クオリティの低いものがつまらないわけではないことをサメ映画から学びましたし、ちょっとチープで変な作品だからこそ作り手の情熱が伝わってきたりするんですよね。

ダンキチ 真面目に答えると、私も失ったものはないです。強いて言えば全然儲からないので、そろそろ還元してほしい気持ち(笑)。

映画という概念が崩れた「フランケンジョーズ」

──最後に、A級とZ級でそれぞれお薦めのサメ映画を教えてください。

ダンキチ A級に入れたら怒る方もいるかもしれませんが、間違いなくお薦めは「シャークネード」です。なぜかと言えば、「サメ映画って血が出て怖いんでしょ?」と思っていた方も観ることができるようになったサメ映画だから。「ジョーズ」以外の作品の小ネタもたくさん入っていますし、映画好きの方にもお薦めできます。Z級はやはり「えっ?サメ男」ですね。はんぺんのような姿の、ちょっと噛んだらふにゃっとしそうなサメ男が大暴れしますよ(笑)。あとは12月9日にDVDがリリースされる「サメデター」という映画があって。これもかなり強烈な作品なのでお薦めしておきます。

No image

ルーキー 僕はA級だったら「ディープ・ブルー」を挙げます。「ジョーズ」とは全然違っていて、人がサメに食べられるのをエンタメ化したのはたぶん「ディープ・ブルー」だと思います。団結を図るような演説をしているサミュエル・L・ジャクソンが後ろから食われる有名なシーンがありますが、そこからサメ映画のコメディ化は始まっているような気がして。「ディープ・ブルー」を観たら、できれば「ディープ・ブルー2」も観てほしいです。「なぜサメを小さくしたんだ?」とか「これは続編ではなくリメイクではないのか?」という疑問が湧いてくると思うんですが、そういうダメなところも含めてサメ映画における続編の意味がわかるので。Z級は「フランケンジョーズ」ですね。Z級のサメ映画として、僕が最初に観た作品なので。

ダンキチ はははは。「フランケンジョーズ」が最初はヤバい(笑)。

ルーキー 最初に観たときのインパクトがすごくて。「これは映画なのか?」みたいな。次はどんなひどい画が来るのかとか、それまでに感じたことのなかった期待を抱きながら観た作品で、映画という概念が崩れた瞬間でした。今までサメ映画を観たことがない方も笑えると思いますし、Z級な部分もサメ映画の側面として楽しんでほしいです。

中野ダンキチ(ナカノダンキチ)

お宝映画発掘家、サメンテーター、The Asylum Lover。
Twitterアカウントはこちら

サメ映画ルーキー(サメエイガルーキー)

サメ映画専門のバイヤー兼翻訳家。
Twitterアカウントはこちら

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加