名門ユベントス、伝統の白黒ストライプに変化 “幾何学模様グラフィック”に賛否「美しい」「普通でいい」

名門ユベントス、伝統の白黒ストライプに変化 “幾何学模様グラフィック”に賛否「美しい」「普通でいい」

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/05/13
No image

ユベントスの新ユニフォームが発表(写真は今季のもの)【写真:ロイター】

5月13日に来季のホームユニフォームを公式発表

イタリア1部の名門ユベントスは5月13日、2022-23シーズンのホームユニフォームを公式発表。本拠地アリアンツ・スタジアムからインスパイアを受けた幾何学模様のデザインに、さまざまな声が上がっている。

ユベントスは白黒ストライプが伝統のチームカラー。今回のユニフォームも白黒は踏襲されているが、ストライプ部分は三角形の形状グラフィックが採用されている。公式サイトによれば、アリアンツ・スタジアムにインスピレーションを受けて製作され、建築構造の不可欠な部分と同じ幾何学模様を取り入れており、100%リサイクル素材でできているという。

「身に着けると、アリアンツ・スタジアムの鼓動を感じることができる。ピッチでもスタンドでも、我々はみんな、偉大なものの一部です」

クラブ公式ツイッターではこのように綴り、スペイン代表FWアルバロ・モラタが新ユニフォームを着用した動画を公開。胸のスポンサー名部分には、稲妻のデザインが施されているのも特徴だ。

海外ファンからは「美しい」「思ったほど悪くない」「普通の縦縞でいい」「リークどおり」など、さまざまな声が上がっている。(FOOTBALL ZONE編集部)

FOOTBALL ZONE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加