高速バスネットしか勝たん! “割引乗車”で高速バスをよりコスパ良く利用しよう

高速バスネットしか勝たん! “割引乗車”で高速バスをよりコスパ良く利用しよう

  • マイナビ学生の窓口
  • 更新日:2022/06/23
No image

少しでも交通費を抑えるために、新幹線よりも格安な“高速バス”を利用する人は多いでしょう

高速バスネット」は、全国各都市を結ぶ高速バスの予約サイト。空席照会や座席購入などを手軽に済ませられるほか、さまざまな割引サービスも実施しています。

そこで今回は、高速バスネットのお得な買い方をご紹介。使えば使うほどお得になるサービスや、WEB限定の割引サービスなどに注目していきましょう。(2022年5月27日執筆)

「学割」は学生の特権!

たとえば学生は「学生割引」を利用すれば、片道普通運賃が割引価格で利用できます。利用方法は予約時に「学生割引」で申し込み、乗車券の購入時と乗車時に学生証を提示するだけ。

駅の窓口で購入する場合は学校で発行される「学生・生徒旅客運賃割引証」が必要になりますが、JRバス窓口で購入する場合は必要ありません。ただし学生証を忘れた場合は大人普通運賃の扱いになるので、忘れずに携帯してくださいね。

使えば使うほどお得になる割引サービス?

使えば使うほどお得になる割引サービスが「お気に入り路線サービス」です。

同サービスは各路線の運行会社が提供する、高速バスネット会員限定の割引サービス。予約前に利用する路線を「お気に入り」登録しておくと、利用回数や利用額に応じて割引になります。

ポイントは乗車日の翌日にカウントされ、車内で購入した場合は加算対象外。初回は2%の割引となり、ポイントが1pt加算されていくごとに適用割引率も1%ずつ上がっていく仕組みです。ただし割引の適用は1人だけで、グループ全員が割引になるわけではありません。

また、使えば使うほどお得になる「お気に入り路線サービス」に対して、購入が早ければ早いほどお得になるのが「早値早得」です。

「早値早得」の適用額は路線によって異なるほか、割引対象席が満席の場合は利用できないので要注意。また「早値早得」は駅窓口や旅行会社では取り扱っておらず、割引サービスの適用はバス会社窓口および高速バスネットWebで購入した場合に限ります。

No image

他にもお得な割引サービスはいろいろ!

他にも早く申し込めばお得になる「早売」には「早売1」「早売3」「早売5」「早売7」「早売14」「早売21」といった種類があり、それぞれ乗車の「1日前」「3日前」「5日前」「7日前」「14日前」「21日前」に購入すると片道普通運賃が割引に。割引率は路線によって異なります。

対して「WEB限定往復 割引」は、高速バスネットの会員限定の割引サービス。「高速バスネットWEBサイトで予約した場合」「往路(行き)乗車日を含む10日以内に復路(帰り)を乗車する場合」の条件を満たしている人は、会員限定で往復割引になるそうです。

もちろん会員でなくても使える割引サービスは他にもあり、たとえば「ネット割」は乗車券が2~5%割引になるサービス。高速バスネットのWebサイトで予約した後、クレジット決済を利用すると「ネット割」が適用されます。

ただし「往路の復路払いもどし」や「乗車変更を窓口で手続きした場合」は、ネット割が適用されなくなるので注意しましょう。

ネット上でも「ちょくちょく高速バスを利用する身としては、『お気に入り路線サービス』のようなサービスがありがたい」「早売サービスは想像以上に交通費が浮くので助かる!」といったコメントが寄せられている“高速バスネットの割引サービス”。

少しでも交通費を安く抑えたいという方は、チェックして損はないはずですよ。

==============

学生のためのオトクな情報をゲットしよう

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加