幸せは自分で制御できる? 新たな調査で分かったこと

幸せは自分で制御できる? 新たな調査で分かったこと

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2020/09/15
No image

多くの人は、幸福を定義することや自分がどれくらい幸福かを測ることは難しいと考えているだろう。幸福がそもそも主観的なものであることが理由の一つだ。このようなつかみどころのない概念を科学的に把握することは可能だろうか?

幸福に関する複数の調査からは、全体的な人生の満足度を「かなり、あるいは非常に満足している」と評価している人が80%以上であることが分かっている。また、現在の気分について「前向き」と答えている人(10段階評価で5が中間の場合6から7の水準)も80%ほどだ。

あまりに幸福度のスコアが高ければ人生で成功を収める(富や教育、政治参加によって決まる)障壁になるかもしれないが、幸運な一部の人は常に幸福度が8点あたりにある。

幸福に関する新たな調査
新たな調査からは、幸福が不足している現在の世界で、自分の幸福は意外なほど自分で制御できるものかもしれないことが分かった。幸福に関するウェブサイト「トラッキング・ハピネス(Tracking Happiness)」は、「私たちは自分自身の幸せを制御できるか?」という問いに答えるため、1154人を対象に調査を行った。

回答者は「幸福は自分で制御できるものか」「昨年を振り返った場合、1から10の間で幸福度をどのように評価するか」といった問いに回答した。調査対象者の内訳は、665人が男性、482人が女性、1人が不定性、6人が不明で、年齢は15~60歳以上だった。重要な発見事項には次のようなものがある。

・回答者の89%は、幸せは制御できるものだと考えていた。
・幸せは制御できるものだと答えた人の幸福度は、そう思わない人よりも平均で32%高かった。
・幸せは制御できると考えた人の平均の幸福度は7.39だった。
・幸せは制御できないものと考えていた人の平均の幸福度は5.61だった。
・幸福度が低かった回答者らは幸福度の評価が高かった回答者と比べ、幸せは制御できないものと考えている可能性が5倍高かった。

幸福を制御できるものと感じることは、実際に幸福を感じることと相関していた。では、幸福は自分で制御できるものだと思わせるものは何だろう? 幸福を制御する力から何か学べるものはあるだろうか?

幸福のUカーブ
同調査では、幸福を制御する力は年齢によって変化するものの、性別によっては変化がないことが分かった。幸福を制御する力は中年にかけて減少し、さらに年を重ねると再び高まることが分かったのだ。この発見事項は、既に多くの研究が行われ、ダートマス大学のデービッド・ブランチフラワー教授も唱える「幸福のUカーブ」と一致するものだ。

大まかに説明すると、幸福のUカーブとは幸福度が18歳から減り始め、47歳ほどで不幸のピークに達し、それからまた少しずつ増え始めることを示す。先述の調査の回答者らは30~60歳の時期、自分の幸福をあまり制御できていないと感じていた。幸福を自分で制御できている感覚は、さらに年を重ねると再び増え始める。幸福を制御できていると感じていることが幸福度の高さに通じるため、この調査結果は世界中で見られる幸福のUカーブと一致する。

この不思議な幸福のUカーブが存在する理由としては一般的に、年を取ると私たちの焦点が社会的な競争から社会的つながりへと移行し、人生はより貴重でもろく、はかないものだと感じることが挙げられている。

幸福のコントロールと教育・雇用
調査では、教育と雇用状況が幸福感の制御に影響を与えていることが判明した。学士号や修士号取得者と比べ、高卒者は一般的に幸福を制御するのに苦労する傾向にある。また、フルタイムやパートタイムなどで雇用されている人は、自分が幸福を制御できていると感じる割合が平均的に最も高い。こうしたデータからは、大学を卒業してから仕事を見つけるまでの間に、幸福を制御している感覚が75%から90%に増えたことが示されている。

結論
幸福感は特定の要因に応じて制御することができ、性別は関係ない。おそらく最も大きな要素は、幸福を制御するため自分から行動を取ることができると考えているかどうかだろう。

中年になると幸福度が停滞するが、高い教育を受けて雇用されていれば、こうした要素が幸福感を上げてくれる。高い幸福度を達成できる人は、人生で飛んでくるカーブボールを避け、幸福になる可能性を高める方法をどのように実践するかを時間をかけて学ぶ。幸福を追求する上で、自分が制御できないものではなく制御できるものに焦点を当てることが大きな違いを生むのだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加