“2000年生まれ対決”は平野美宇に軍配 速攻冴え3回戦進出<世界卓球2021>

“2000年生まれ対決”は平野美宇に軍配 速攻冴え3回戦進出<世界卓球2021>

  • Rallys(ラリーズ)
  • 更新日:2021/11/26
No image

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

現地時間24日、世界選手権は2日目を迎え、女子シングルス2回戦に平野美宇(日本生命)が登場し、ゲームカウント4-0で3回戦進出を決めた。

平野美宇が2回戦に臨んだ

平野は、大会初日の1回戦を勝利し2回戦に臨んだ。対戦相手はブルーナ・タカハシ(ブラジル)。リーチの長さを活かした回転量あるフォアドライブが特徴の選手で、平野と同じ2000年生まれの21歳だ。

試合は、2ゲーム目以降競り合うも、平野が打点の早いドライブを広角に打ち分け、タカハシに反撃のきっかけを与えない。

要所でミスのない速攻を見せた平野が、ゲームカウント4-0で勝利し、3回戦進出を決めた。

女子シングルス2回戦

No image

写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

〇平野美宇 4-0 ブルーナ・タカハシ(ブラジル)
11-5/11-9/11-9/16-14

文:ラリーズ編集部

ラリーズ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加