藤田菜七子騎手は中山で土日4鞍 2戦連続3着のラブスレンダー「勝てる能力がある馬」

藤田菜七子騎手は中山で土日4鞍 2戦連続3着のラブスレンダー「勝てる能力がある馬」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/09/23
No image

藤田菜七子騎手=美浦・根本康広厩舎=は、土日(9月24、25日)ともに中山で4鞍(土曜3鞍、日曜1鞍)に騎乗を予定している。

デビューから2戦連続3着と好走する日曜2Rのラブスレンダーがチャンスだ。今回が初騎乗となるが、22日に美浦・Wコースでコンタクトを図り5ハロン70秒0―12秒4と好気配を漂わせる。「初めて乗ったんですけど馬場がそんなに良くない時間帯でしたが、前向きに走っていました。競馬に行くと少し気が入るところがあるみたいなんですが、落ち着いて競馬に行ければ勝てる能力がある馬なんだろうと思っています。芝1200メートルはいい条件なんじゃないかと思いますし、坂もこなしてくれるんじゃないかと思います」と気合が入る。

土曜5Rのプリマウェイは今回がデビュー戦。22日に美浦・Wコースで騎乗し、5ハロン74秒3―13秒0で駆け抜けた。「追い切り自体は軽めの指示だったので時計自体は遅いんですけど、動かせば動きそうな雰囲気はありました。一生懸命走りますし性格も素直で真面目ですし操縦性も問題なさそうなので初戦から頑張ってくれればいいなと思います」と感触は悪くない。

土曜2Rでは自厩舎のグラシアーノに初騎乗。21日の最終追い切りに騎乗。5ハロン69秒5―12秒3を余力たっぷりにマークした。「北海道から使って、こっちに帰ってきて乗ったんですけど、ものすごく元気が良かったです。適性とかも芝のマイルあたりかなというイメージはあります。いい一面が引き出せればと思っています」と変身を願った。

【土曜中山】

2R・グラシアーノ(牝2歳、美浦・根本康広厩舎、父リオンディーズ)

5R・プリマウェイ(牝2歳、美浦・深山雅史厩舎、父ジャスタウェイ)

6R・エイシンディアデム(牝4歳、美浦・根本康広厩舎、父ディープインパクト)

【日曜中山】

2R・ラブスレンダー(牝2歳、美浦・田中剛厩舎、父ミッキーアイル)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加