だいたひかる コロナ禍の不妊治療「1ヶ月も無駄にしたくない...皆そうだと思う」

だいたひかる コロナ禍の不妊治療「1ヶ月も無駄にしたくない...皆そうだと思う」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/07
No image

だいたひかる

19年に乳がんの「再発」を公表し、現在は不妊治療を再開したタレント・だいたひかる(45)が6日、「コロナ禍での不妊治療」と題してブログに投稿した。

現在は風疹ワクチンを打ち、2カ月は妊娠してはいけない時期だと明かし、「4月上旬に予約をとって診察に来て下さいと、最後の診察で先生に言われたので…そろそろ予約を取ろうと電話をしたら、中々繋がらずに…9回目でやっと電話が繋がり、昔を思い出しました」と記した。

これまでは病院の状況が従来とは違ったといい「緊急事態宣言中は、すんなり電話が繋がったり、患者が少なくてコロナ禍を実感していましたが…」と振り返った。

ただ緊急事態宣言が解除されて以降は「通常の混み具合に戻っているんだなと…」と感じたとしつつ、「不妊治療は1ヶ月も無駄にしたくない、そんは皆んなそうだと思うので…予防に、より気をつけて行こうと思いました」(原文ママ)とつづった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加