【SUPER GT 第2戦】WedsSport ADVAN GR Supraがポールポジションを獲得...GT300クラスはSUBARU BRZがポールポジション

【SUPER GT 第2戦】WedsSport ADVAN GR Supraがポールポジションを獲得...GT300クラスはSUBARU BRZがポールポジション

  • レスポンス
  • 更新日:2021/05/03
No image

GT500クラスポールポジションの#19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)

もっと画像を見る
3日に静岡県・富士スピードウェイでSUPER GT第2戦の公式予選が行われ、GT500クラスは#19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)が、GT300クラスは#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)がポールポジションを獲得した。

第2戦は500kmレース。通常SUPER GTは300kmで争われるが、今シーズンは第2戦のみが500kmレースとなる。そのため第3ドライバーの登録が可能となり、ここまで病気療養で参戦できなかった#1 STANLEY NSX-GTのレギュラードライバー牧野任祐が第3ドライバーとしてレースに復帰するこになった。GT500クラスはこの1チームだけが第3ドライバーを起用。GT300クラスは4チームが第3ドライバーを起用してきた。

GT500クラスの公式予選は15台全車が10分間のQ1を走行し、上位8台がQ2に進んで10分間のタイムアタックを行う。Q1では開幕戦に続き昨年のチャンピオン#1 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/武藤英紀)が敗退。そしてトヨタSupraは6台すべてがQ2に進出し、ホンダNSX-GTとニッサンGT-Rはそれぞれ1台だけがQ2に進出した。

ポールポジションをかけたタイムアタック合戦が行われる予選Q2。残り1分半となったところで#38 ZENT CERUMO GR Supraの立川祐路が1分27秒114を記録してトップに浮上してきた。しかし残り40秒で#19 WedsSport ADVAN GR Supraの宮田莉朋が1分26秒496という驚異的なタイムを記録して逆転トップ。ライバルたちはそのタイム目指してタイムアタックを行うが、1分27秒を切れるものはしばらく現れなかった。チェッカーフラッグが振られ最後のアタックが行われる中、#8 ARTA NSX-GTの福住仁嶺が凄まじい走りでポールポジションタイムに迫ったが1000分の3秒及ばず、#19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)が見事ポールポジションを獲得した。

2位は#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)。立川は最後のラップでタイムを更新したが1分27秒を切ることはできず#38 ZENT CERUMO GR Supra(立川祐路/石浦宏明)が3位。以下#36 au TOM'S GR Supra(関口雄飛/坪井翔)、#37 KeePer TOM'S GR Supra(平川亮/阪口晴南)、#14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)と続き、ニッサンGT-Rは7位の#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が最高位となった。

GT300クラスはQ1が2グループに分かれて行われ、それぞれの上位8台がQ2に進む。Q1のAグループでは、前戦の覇者#56 リアライズ日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が敗退する波乱が。AグループもBグループも15台中7台が敗退するという狭き門に、多くの有力チームが涙をのむ結果となった。16台でポールポジションをかけてタイムアタックを行うQ2では、残り2分で#55 ARTA NSX GT3のルーキー佐藤蓮がトップに立ったが、#61 SUBARU BRZ R&D SPORTの山内英輝が0.14秒短縮する1分35秒343を記録してトップに浮上。最終的にこのタイムを破るものは現れず、#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)がポールポジションを獲得した。

110周、約500kmで争われる決勝レースは、4日14時30分にスタートする。

■SUPER GT第2戦富士、GT500クラス予選Q2結果
1. #19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)/1分26秒496
2. #8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)/1分26秒499
3. #38 ZENT CERUMO GR Supra(立川祐路/石浦宏明)/1分27秒031
4. #36 au TOM'S GR Supra(関口雄飛/坪井翔)/1分27秒081
5. #37 KeePer TOM'S GR Supra(平川亮/阪口晴南)/1分27秒230
6. #14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)/1分27秒242
7. #23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)/1分27秒283
8. #39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(ヘイキ・コバライネン/中山雄一)/1分27秒579

■SUPER GT第2戦富士、GT300クラス予選Q2結果
1. #61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)/1分35秒343
2. #55 ARTA NSX GT3(高木真一/佐藤蓮)/1分35秒485
3. #60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT(吉本大樹/河野駿佑)/1分35秒824
4. #52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)/1分36秒005
5. #2 muta Racing Lotus MC(加藤寛規/阪口良平/小高一斗)/1分36秒077
6. #11 GAINER TANAX GT-R(平中克幸/安田裕信)/1分36秒111
7. #10 GAINER TANAX with IMPUL GT-R(星野一樹/石川京侍)/1分36秒339
8. #5 マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号(平木湧也/平木玲次)/1分36秒519
9. #65 LEON PYRAMID AMG(蒲生尚弥/菅波冬悟)/1分36秒570
10. #31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(嵯峨宏紀/中山友貴)/1分36秒620
11. #4 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)/1分36秒795
12. #18 UPGARAGE NSX GT3(小林崇志/名取鉄平)/1分36秒849
13. #96 K-tunes RC F GT3(新田守男/平良響)/1分36秒871
14. #7 Studie PLUS BMW(荒聖治/山口智英)/1分36秒908
15. #360 RUNUP RIVAUX GT-R(青木孝行/田中篤/内田優大)/1分37秒637
16. #9 PACIFIC NAC CARGUY Ferrari(木村武史/ケイ・コッツォリーノ)/1分38秒646

藤木充啓

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加