パソナグループ 感染防止向け期間限定の案件が増加し、営業利益は1.5倍へ

  • 東京商工リサーチ(TSR)
  • 更新日:2021/01/13

人材派遣大手の(株)パソナグループ(TSR企業コード:297229699、千代田区、東証1部)は1月13日、2021年5月期(連結)の業績予想を上方修正した。新型コロナの影響で人材紹介の需要は減少しているが、業務受託や新型コロナの感染防止に関わる期間限定の案件が増加。営業利益は前年(105億7,700万円)から約1.5倍の150億円を見込む。

2021年5月期(連結)業績予想は売上高3,260億円(前年比0.3%増)、営業利益150億円(同41.8%増)、当期純利益47億円(同690.1%増)で、それぞれ前回予想から上方修正した。

パソナグループは、東京にある本社機能を分散し、淡路島に移転を進めている。2020年9月から2023年度末まで順次、グループ全体の約1,800人のうち約1,200人の移転を計画を発表している。

データを読む一覧に戻る

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください

支社店一覧

関連情報

¥1,200からの簡単な与信管理~最強の与信管理ツール”tsr-van2”~

国内企業の情報を詳しく知りたい~TSR REPORT(国内企業レポート)~

海外企業の情報を詳しく知りたい~D&Bレポート(海外企業情報レポート)~

無料で1ヶ月”信用情報”購読~”TSR情報誌”無料試読申込~

顧客管理&営業支援ツール!~Data Approach(企業情報データファイル)~

東京商工リサーチ(TSR)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加