NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
基礎的財政収支の試算「2025年度の黒字化も視野」

基礎的財政収支の試算「2025年度の黒字化も視野」

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/07/22
No image

動画を見る(元記事へ)

内閣府は国と地方を合わせた基礎的財政収支について、2025年度の黒字化も視野に入るとする試算を示しました。

菅総理大臣:「経済成長を実現し、歳出改革を続けていくことにより、2025年度にプライマリーバランス黒字化を実現する姿が示されました」

プライマリーバランス(基礎的財政収支)とは、その年に必要とする政策的な経費を借金に頼らず、税収でどれだけ賄えているかを示すもので、財政健全化の目安とされています。

内閣府が21日に提出した試算によりますと、GDP(国内総生産)の成長率が実質で2%、名目で3%を上回る成長実現ケースでは、国と地方を合わせた基礎的財政収支は2027年度に黒字化するとし、前回の試算から2年前倒しました。

また、政府が黒字化の目標とする2025年度は2兆9000億円の赤字となるものの、社会保障などの歳出改革を続ければ「黒字化も視野に入る」としました。

ただ、高い成長率を前提とした試算だけに、民間のエコノミストからは楽観的との指摘も出ています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加