「461個のおべんとう」原作者・渡辺俊美がカメオ出演!ライブハウスのオーナー役

「461個のおべんとう」原作者・渡辺俊美がカメオ出演!ライブハウスのオーナー役

  • 映画.com
  • 更新日:2020/10/16
No image

あえてチョイスした柄シャツにも注目 (C)2020「461個のおべんとう」製作委員会

「V6」の井ノ原快彦と関西ジャニーズJr.のユニット「なにわ男子」の道枝駿佑が共演する「461個のおべんとう」に、原作者であり、音楽も監修しているヒップホップバンド「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美がカメオ出演していることがわかった。主人公・一樹(井ノ原)のバンドがライブを行うライブハウスのオーナーを演じている。

本作は、妻と離婚した一樹(井ノ原)が、高校生の息子・虹輝(道枝)のためにお弁当を作り続けるさまを描く。「キセキ あの日のソビト」「泣くな赤鬼」の兼重淳監督がメガホンをとった。

出演オファーを受けた際、プロの俳優や俳優を目指している人に役が渡ってほしいという思いから、一度は断っていたという渡辺。「もし、探してもいないのであれば、喜んで引き受けますと言いました。その結果、僕がやる事になったので、監督の期待に応えるように楽しんでやる事にしました」と出演の経緯を語る。

撮影では、一樹に「あれ、卵焼き美味しそうだね!」とレシピを教えてもらうシーンや、一樹のライブを見に来た周子(映美くらら)と幼少期の虹輝に、笑顔で優しくドリンクを渡す場面を撮影し、ダンディーでワイルドながらも、親しみのあるオーナーを好演。「とても緊張し、改めて常に大きな緊張感を持って取り組んでいる俳優の方々を尊敬した」と緊張したことを明かしたが、自然体の演技で2カットをミス無くこなした。

また、渡辺は自身のブランドを立ち上げるほどのファッション好きとして知られており、今回は自前の衣裳で出演している。あえて品のない下世話な柄シャツをチョイスし、「中身はイイ人、見た目はワルイ人」をテーマにしたというこだわりにも注目だ。

461個のおべんとう」は11月6日から全国で公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加