戦国時代、67歳の武将・細川幽斎が遺した芸術作品とも言うべき「田辺城の戦い」【前編】

戦国時代、67歳の武将・細川幽斎が遺した芸術作品とも言うべき「田辺城の戦い」【前編】

  • Japaaan
  • 更新日:2020/11/21
No image

城を十重二十重に取り囲み、今にも攻めかかろうとしている敵の数は1万5千。対する味方は、素人まで動員してかき集めた500人。味方主力は遥か遠く関東地方にあり、周辺には援軍を頼める勢力もなし。

1600年7月22日の丹後・田辺城は、まさに風前の灯火でした。

しかし

「とにかく初撃を防ぐ。数日持ちこたえれば、われわれは勝てる」

城を預かるのは67歳の細川幽斎。

半世紀かけて積み上げてきたすべての資産をフル活用し、彼は芸術作品とも言うべき戦いの棋譜を残すことになるのです。

1600年、その時天下は

田辺城の戦いについて触れる前に、そこに至った経緯をかいつまんでご説明します。

天下を統一した豊臣秀吉が1598年に没すると、その遺言によって息子である秀頼が後継者となります。しかし、6歳だった秀頼に政治を主導することなどできるはずもなく、徳川家康が実権を握ることになります。

この動きに対し、秀吉によって取り立てられた石田三成を中心とした官僚たちが反発します。

政治的な駆け引きの末に劣勢に立たされた彼らは、実力を以て家康を排除することを決意。家康が当時政治の中心地であった京・大阪を離れた隙をついて兵を挙げ、秀頼の命と称して家康打倒の檄を飛ばします。

対する家康も

「三成らは秀頼様が幼いのを良いことに、命令を捏造して自分を陥れようとしている」

と徹底抗戦を宣言。
かくして、家康を中心とする東軍、三成を中心とする西軍が形成され、後に天下分け目の戦いと称されることになる「関ヶ原の戦い」に向けて事態は動き始めたのです。

丹後の細川幽斎

本能寺の変によって生じた混乱を乗り切り、その過程で豊臣秀吉から厚い信頼を得た細川藤孝。

本能寺の変と細川藤孝の決断。明智光秀と共に滅びる立場にありながら豊臣秀吉から功を賞された男【前編】

信長の死をきっかけに隠居して幽斎と称することになった彼は、家督を息子・忠興に譲り、自身は秀吉の顧問のような形で遇されていました。

そして秀吉の死後に起きた徳川家康と石田三成の対立では、忠興が三成と犬猿の仲であったこと、幽斎・忠興親子がともに家康と親しかったこともあり、細川家は迷うことなく家康派に合流。

三成が大阪で兵を挙げたその時、忠興は細川家の主力を連れて家康とともに関東へ出陣しており、幽斎はわずかな守備兵とともに領地である丹後(京都府北部)を守っていました。

No image

位置関係を見れば明らかなように、家康は遠く関東にいます。(家康には他にも福島正則、黒田長政ら諸大名が付き従っていましたが、今回は細川家の話なので省略しています)

いずれは戦場で雌雄を決することになるでしょうが、まだ時間的な余裕はありそうです。
その間に三成は近畿地方の東軍勢力を制圧し、足場を固めることを企図します。

細川家が治める丹後国もそのターゲットになったのです。

開戦、そして

三成の挙兵を知った幽斎は、遠からず丹後への侵攻があることを予見します。先述の通り細川家の主力は当主・忠興と共に関東にあり、丹後にはわずかな兵しか残っていません。

「兵力を分散しては各個撃破されるだけだ」

そう判断した幽斎は、主城である田辺城にすべての兵力と物資を集中し、籠城することを決断します。さらに幽斎を慕う僧や農民、商人なども志願兵として集まり、田辺城の兵力はかろうじて500人に達しました。

一方の西軍は1万5千。続々と丹後国内に侵入し、田辺城を包囲。7月22日には攻撃が始まりました。

細川軍は幽斎の指揮の下、寡兵ながらよく戦いました。

当代随一の文化人であった幽斎は交友関係も広く、包囲軍の中には彼を師と仰ぐ人物も少なくありませんでした。そのため攻撃側が手心を加えたという説もあります。

しかし圧倒的な兵力差は如何ともしがたく、このままでは落城は必至ということは誰の目にも明らかでした。

降伏という選択肢

そんな状況下で、降伏するという選択肢はなかったのでしょうか?

幽斎が選択肢として考えなかったとは思えませんし、西軍からも何らかの形で降伏勧告はなされていたでしょう。

しかし、それを選ぶことはできませんでした。降伏すれば、これまで積み上げてきたすべてを失うことが明白だったからです。実は西軍が丹後に侵入する少し前、大阪では一人の女性が命を落としていました。

彼女の名はたま。洗礼名のガラシャで知られる、忠興の正室でした。

挙兵した石田三成は、大阪にいたガラシャを人質に取ろうとしました。
忠興は愛妻家(しかもちょっと度を過ぎるくらいの)として知られていたので、成功していれば忠興と細川家の面々には大きなプレッシャーとなったことでしょう。

が、その目論見は外れます。

ガラシャは人質に取られるくらいならと、自ら死を選んでしまったのです。ガラシャ自身の意思ではなく、忠興の指示(妻を他の男に取られるくらいなら殺す)だったという説もあります。

No image

崇禅寺のガラシャの墓(Wikipediaより)

どちらが真相だったにせよ

「細川家当主の妻が、人質になることを拒んで命を落とした」

という事実に間違いはありません。そしてガラシャが死んだ以上

「細川家の先代当主が、命を惜しんで降伏した」

などとなっては、これまで積み重ねてきた名声のすべてを失い、社会的には死んだも同然になってしまいます。

あるいはそうした打算を抜きに、不幸な死を遂げた嫁への義理立てという側面もあったのかもしれません。

いずれにせよこの状況下では徹底抗戦以外の選択肢はなく、兵力差が圧倒的な以上、死は免れない。できるのは死に方を選ぶことだけ……となるはずでした。他の武将であれば。

しかし、細川幽斎だけは違ったのです。

次回【京からの使者、天皇動く】に続く

日本の文化と「今」をつなぐ - Japaaan

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加