今秋ドラ1候補のトヨタ・栗林 170キロ計測?12球団の前で7回2安打圧巻投球

今秋ドラ1候補のトヨタ・栗林 170キロ計測?12球団の前で7回2安打圧巻投球

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/16
No image

一球一球声を上げながら全力投球するトヨタ自動車・栗林

「都市対抗野球大会東海地区2次予選、トヨタ自動車9-2東邦ガス」(16日、岡崎市民球場)

今秋ドラフト1位候補で最速153キロのトヨタ自動車・栗林良吏投手(24)が先発し、7回を2安打無失点、10奪三振に抑える圧巻の投球を披露した。バックネット裏には全12球団35人のスカウト陣が詰めかけ、社会人ナンバーワン右腕に熱視線を送った。

初回から2者連続三振を奪う最高の立ち上がりを見せると、その後も、この日最速150キロの直球を中心に、カーブやフォークなどの変化球を駆使して三振を量産。「今日は特に真っすぐがよかったので、直球中心に集めることができた」と納得の表情を見せた。

またこの日、球場スピードガンの誤作動により、何度か「170キロ超え」が表示され珍事件も起こったが、チームメートから「チャップマン超えたやん!」という声があがり、「あれで和んだというか、いい意味で緊張がほぐれました」と右腕。仲間の明るい声掛けにも救われ、終始リラックスした様子で実力を発揮した。

5人体勢で視察したヤクルトの小川GMは「全ての球種において完成度が高いピッチャー。上位は間違いないでしょうね」と評価。阪神も6人体勢で視察し、和田TAも「スピード、コントロールともに申し分ない」とうなずいた。その他球団も複数人で訪れた中で、上々の結果を残した栗林。「子供の頃からの夢だった」というプロ入りに向け、今後もアピールを重ねていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加