じゃらん、5月時点で今後の旅行予定のある人は過去最高。6月~8月の旅行も約40%が意欲的

じゃらん、5月時点で今後の旅行予定のある人は過去最高。6月~8月の旅行も約40%が意欲的

  • トラベル Watch
  • 更新日:2022/06/23

2022年6月22日 発表

No image

2020年以降の国内宿泊旅行意欲の時期別変化。60%以上をキープしている

リクルートの「じゃらんリサーチセンター」は、全国のマクロミル会員モニター(20歳~79歳/1652人)を対象に実施した第13回「国内宿泊旅行ニーズ調査」の結果を発表した。実施期間は5月27日~29日。

調査データによると、今後の国内宿泊旅行について「予定をしており、気を付けながら行く」「予定をしており、気にせず行く」と回答した人の合計は前回(3月28日~29日)から6.2ポイント増加して29.6%になった。これは2020年3月の調査開始以来、最高値であるという。

また、今夏(お盆除く6月~8月)について「旅行に行く予定である」または「まだ予定はないが旅行に行きたい」と回答した人の割合は全体の37.8%。そのうち旅行目的は「温泉や露天風呂」「地元のおいしいものを食べる」がいずれの世代でも上位に。さらに子育て世代である30代~40代では、テーマパーク(遊園地/動物園/博物館など)も上位になる結果となった。

No image

今夏の旅行意欲

No image

今夏の旅行目的

No image

今夏の旅行同行者

今回の結果について、じゃらんリサーチセンター 研究スタッフの五十嵐大悟氏は「コロナ禍前に実施した旅行動態調査である『じゃらん宿泊旅行調査 2020』で2019年に1回以上旅行に行った人の割合が54%であったことを踏まえると、現在の旅行意欲の値は相当に高い水準にあると考えられる。6月10日からは海外ツアー客の受け入れも再開したように、旅行に関しては着実に緩和ムードが広がっている。国内宿泊旅行に関しても大きな変化がない限りはコロナ禍で控えていた旅行を再開する流れが進むでしょう」とコメント。

なお本調査は、国内宿泊旅行マーケット全体の活性化に貢献することを目的に、旅行者の旅行意欲や行動予定を定期的に聴取・公開するもので、2020年3月より旧称「新型コロナウイルス感染症による旅行市場への影響」調査として継続的に実施している。

また、次回7月に実施する調査結果の発表では、お盆の時期についてより詳しく紹介する予定とのこと。

編集部:白江ちなみ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加