メルセデスAMG「GLC 43クーペ」新型、2L直4+マイルドハイブリッド搭載が濃厚

メルセデスAMG「GLC 43クーペ」新型、2L直4+マイルドハイブリッド搭載が濃厚

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2023/01/26

■「C 43」と同じセットアップにより最高出力は408ps

メルセデス・ベンツが開発中の人気クロスオーバーSUV「GLCクーペ」のパフォーマンスモデルとなるAMG「GLC 43クーペ」新型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

No image

メルセデス AMG GLC 43 クーペ 新型プロトタイプ スパイショット

AMG本社付近で捉えたテスト車両は、これまでで最もカモフラージュが削ぎ落とされ、パナメリカーナグリルを装備、エアロダイナミクスが向上するアグレッシブなエアインテーク、そしてヘッドライトを囲むLEDデイタイムランニングライトが初めて露出しています。

No image

メルセデス AMG GLC 43 クーペ 新型プロトタイプ スパイショット

リアエンドでは、上位モデルAMG「GLC 63」の四角いエキゾーストパイプと差別化された円形のクワッドエキゾーストパイプをインストール。トレーラーヒッチの部分をよく見ると、小さなディフューザーが隠れているのがわかります。

キャビン内では12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと、最新の MBUXソフトウェアを実行する11.9インチのインフォテインメントスクリーンなど、GLC新型とレイアウトを共有します。

No image

メルセデス AMG GLC 43 クーペ 新型プロトタイプ スパイショット

よりハードコア志向の「GLC 63」では、最高出力680psを発揮する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンと電気モーターを組み合わせたPHEVセットアップを搭載しますが、「GLC 43」では2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーの高出力版を採用。

これは「C 43」と同じセットアップであり、パワーと効率を高めるために48ボルトのマイルドハイブリッドシステムが組み込まれます。最高出力は408psと思われ、GLCとGLC 63の間を埋めるモデルとなるでしょう。

AMG GLC 43新型のデビューは、2023年の終わりと予想され、標準のGLCクーペと同時発表も期待されます。

(APOLLO)

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

あわせて読みたい

BMW「X5」改良型、PHEVモデルも導入確定。航続距離を改善か?

アルファロメオ「ジュリア」次期型、スポーツワゴンを計画か? デビューは2026年

マツダ最強のSUV「CX-90」、発表へカウントダウン。スポーツカーのようなハンドリングを実現か?

アルファロメオ「ジュリア」次期型、PHEVでBMW M2に対抗

VW次世代EV「ID.7」、最終市販型プロトタイプを撮った!

APOLLO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加