DeNA オースティンが史上4人目、交流戦終了までに11球団から本塁打の離れ業

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/11

「日本ハム-DeNA」(11日、札幌ドーム)

2試合ぶりに「4番・指名打者」でスタメン出場したオースティンが先制の13号2ランを放った。「ヤッタ!!クワ(桑原選手)をなんとか返そうと思って打席に向かいました。打った瞬間は入ると思わずに走っていましたが、入ってくれて嬉しいです」と球団広報を通じて喜びのコメントを出した。

交流戦最終カードの初戦。初回、桑原が二塁打を放つと、伊藤光が犠打で1死三塁。3番・佐野が中飛に倒れ、4番・オースティンが3-1から金子のチェンジアップを捉え、弾丸ライナーで左翼席に突き刺した。

オースティンはこの本塁打で交流戦終了までに11球団から本塁打となった。他に08年のウッズ(中日)、13年のバレンティン(ヤクルト)、16年・19年の山田(ヤクルト)の過去3人(4度)しか成し遂げられていない記録だ。

オースティンは9日の西武戦(メット)で左足の違和感を訴え、途中交代。10日の試合前には練習を行ったものの、大事を取ってベンチ外になっていた。この日、試合前練習では15スイングで4本の柵越えを放つなど元気な姿を見せていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加