玉川徹氏、居場所を共有するGPSアプリに苦言 「相当危ないこと」

玉川徹氏、居場所を共有するGPSアプリに苦言 「相当危ないこと」

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/05/03
No image

3日放送の『羽鳥慎一 モーニングショー』(テレビ朝日系)では、今話題のGPSアプリについて特集。これに、同局の玉川徹氏が苦言を呈した。

■居場所を共有するGPSアプリ

今や当たり前のようにスマートフォンに搭載されているGPS機能。この日の番組では、現在若者の間で流行しているというGPSアプリ『Zenly』について紹介した。

同アプリは、スマートフォンで友達や家族と位置情報や滞在時間、電池残量などを共有することが可能。番組取材班が実際に使っている人に話を聞いたところ「近くにいる人を探して一緒に遊んだりする」「本当に仲のいい人しか共有してないから、違和感はない」といった声が。

一方で、「自分が監視されている感じがする」「居場所がバレると誘いを断りづらい」といった意見も寄せられている。

関連記事:『モーニングショー』校長先生の話が長い理由 玉川徹氏の指摘に反響

■玉川氏は「自由ってこういうことじゃない」

同局の斎藤ちはるアナウンサーは「私は使ってない」としつつ、「私より、少し年下の大学生くらいの友人は使ってるみたいで、どこにいるかわかると誘いやすいって言ってました」とコメント。

番組MCの羽鳥慎一から「玉川さんは抵抗ありますか?」と質問された玉川氏は、「僕がこれを良いと言うわけがない」とバッサリ。「自由ってこういうことじゃない。生まれたときから自由が当たり前になってしまうと、こういう感覚になっちゃうのかな」と説明した。

■監視カメラの問題を引き合いに出し…

玉川氏は「僕からしたら信じられない。すごい便利ではあるんだけど、全部知られるのはどうなんだろう」と続け、GPSアプリについて「これは相当危ないことだと思う。なんていうか怖いよね」と指摘。このコメントに対し、出演者から共感の声があがっている。

また、たびたび監視カメラの設置による監視が問題になることを挙げ、「こういうときに見られちゃダメなやましいことがあるのかって話になるんだけど、そういうことじゃなくて、自分の行動が自分だけのものであるってことが自由ってこと」と苦言を呈した。

■視聴者からは共感の声

コーナーの最後に、玉川氏は「自由とはやましいことをしてるかどうかとは、全然別の次元にありますよね」と訴えていた。

今回の放送を受け、ツイッター上では「GPSで監視され続けるって考えると怖すぎる」「世代間でいろいろ考え方が変わってきてるって感じるようになった」などさまざまな声があがっている。

・合わせて読みたい→『羽鳥慎一モーニングショー』玉川徹氏のコメントは的確だと思う?

(文/しらべぇ編集部・北田力也

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加