第19回「日本鉄道賞」決まる JR東日本・JR四国・JR東海・京急が受賞

第19回「日本鉄道賞」決まる JR東日本・JR四国・JR東海・京急が受賞

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2020/11/20

国土交通省が2020年11月20日(金)、第19回「日本鉄道賞」の受賞者を発表しました。

「日本鉄道大賞」は、JR東日本の「全線運転再開~沿線の方々の思いを乗せて再びつながった常磐線~」。常磐線は東日本大震災で甚大な被害を受けましたが、2020年3月14日に全線で運転を再開しています。

No image

常磐線を走るE657系電車(画像:国土交通省)。

「日本鉄道賞表彰選考委員会による特別賞」は3社が受賞。詳細は以下の通りです。

・JR四国「四国に元気と笑顔を!~アンパンマン列車とともに20年~」
「四国に“愛と勇気と笑顔”を届ける救世主!地域創生」特別賞を受賞。

・京急「「歴史的名車」を「社員の想い」を込めて~五感で感じる京急ミュージアム~」
「手づくりミュージアムが地域と鉄道会社を元気にする」特別賞を受賞。

・JR東海「N700Sの開発」
「先進技術で未来を駆ける至高の新幹線車両開発」特別賞を受賞。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加