佐賀工が得意の形で難敵撃破「全国でもモールで戦う」

佐賀工が得意の形で難敵撃破「全国でもモールで戦う」

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2021/02/22
No image

◆全九州高校新人ラグビー大会2回戦 佐賀工33-14大分東明(22日、大分・湯布院スポーツセンターグラウンド)

佐賀工が強豪の意地を見せ、2人のフィジー人留学生を擁して急速に実力をつけた大分東明を破った。

前半は14-14で折り返したが、後半に得意のモールが威力を発揮。モールで2トライ、ラックから1トライを決めて突き放した。

枝吉監督は「前半はボールをつないで相手を動かして、後半にFWで勝負するつもりだった」と狙い通りの勝利にうなずき、永池主将は「全国大会でもモールで戦っていきたい」と全国の舞台を見据えた。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加