【ケンタッキーダービー】メディーナスピリット逃げ切りV バファート師&ヴェラスケス連覇

【ケンタッキーダービー】メディーナスピリット逃げ切りV バファート師&ヴェラスケス連覇

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/03

米競馬のクラシック3冠初戦「第147回ケンタッキーダービー」が1日(日本時間2日早朝)、ケンタッキー州ルイビルのチャーチルダウンズ競馬場(ダート2000メートル、19頭)で行われ、先手を奪ったメディーナスピリット(牡=バファート、父プロトニコ)が直線、4頭横一線の追い比べの中、粘りに粘って逃げ切り勝ち。サンタアニタダービー2着から逆転でG1初制覇を飾った。

No image

ケンタッキーダービーを勝利したメディーナスピリット(AP)

ボブ・バファート師(68)は昨年のオーセンティックに続く勝利でケンタッキーダービー単独最多7勝目。騎乗したジョン・ヴェラスケス(49)も同じく連覇でこのレース4勝目。ヴェラスケスは「道中プレッシャーを感じながらも、よく頑張ってくれた。いいスピードがあって持続力がある。4角でガツンと来る手応えがあったし直線は夢を見ているような気持ちで追った」と語った。ここまで無敗だったエッセンシャルクオリティはデビュー6戦目で初黒星となる4着。馬主ゴドルフィンの悲願達成とはならなかった。3冠第2ラウンドのプリークネスS(ピムリコ)は15日。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加