さんま SixTONES京本大我「御殿」出演きっかけに「えらい騒動に」

さんま SixTONES京本大我「御殿」出演きっかけに「えらい騒動に」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/22

お笑いタレントの明石家さんま(65)が20日、自身がパーソナリティを務めるMBS「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。京本政樹(62)を発端に、大騒動が起きたことを明かした。

No image

明石家さんま

発端は、京本の息子で、SixTONESの京本大我(25)が日本テレビ系「踊る!さんま御殿」に出演したこと。大我が、話す予定がなかったエピソードを思いついて勝手に話し出したことなどが話題となった。その後、父の京本がお礼とお詫びのため、さんまに連絡を取りたいと笑福亭鶴瓶や木村祐一らに連絡。さんまは「えらい騒動になりまして。キム兄から連絡先教えてもいいんでしょうか?と連絡来るし、うちの事務所にまで連絡が来て、そっからまた俺のところに連絡があって」とちょっとした混乱になっていたことを明かした。

結局、さんまと京本は無事連絡をとることができ「京本さんがほんとにすみませんでしたと。SixTONESでは初めて1人で出たらしくてね。すみません、えらい迷惑をかけましてと言われてね。だから僕は“いえいえ、本当に助かりました、頑張ってくれて。ありがとうございます”と。京本さん、妻も大変喜んで有難うございましたと言ってたわ」と振り返った。

一方、鶴瓶に解決したことを伝えておらず、今度は心配した鶴瓶からさんまに連絡が。その電話で鶴瓶の話に30分付き合わされたというさんまは「もう耳あかんわと。鶴瓶、京本に1日つぶされた」と苦笑。「でも、考えたら豪華なメンバー。そこにキム兄が巻き込まれた」と大笑いしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加