【UFC】フェザー級トップ戦線の激突!計量パスのチカゼとケイターがフェイスオフ睨み合い=1.16

【UFC】フェザー級トップ戦線の激突!計量パスのチカゼとケイターがフェイスオフ睨み合い=1.16

  • イーファイト
  • 更新日:2022/01/15
No image

フェザー級トップ戦線の激突!睨み合うケイター(左)とチカゼ(右)

1月16日(日本時間)にネバダ州ラスベガス/UFC APEXで開催される総合格闘技イベント『UFC FIGHT NIGHT』の前日計量が15日に行われた。
メインイベントのフェザー級(145ポンド/65.8kg)マッチにて対戦する、ギガ・チカゼ(33=ジョージア)とカルビン・ケイター(33=米国)の両選手は146ポンド(66.22kg)で、共にパスした。※タイトル戦以外は、全て1ポンドオーバーのみ許容範囲として認められている。

【動画】チカゼとケイターが睨み合いフェイスオフ!(前日計量)

No image

マッスルポーズを決めるチカゼ©️UFC

計量をパスすると、チカゼとケイターは共に仕上がった身体を誇示するように堂々のマッスルポーズ!続くフェイスオフでは、お互い両手を後ろに組みながら、しっかりと睨み合った。

チカゼが今回の試合について「過去最強の対戦相手だ。これまで以上に戦いに集中している。この試合で勝利したら、王者と戦いたい」と、フェザー級王者アレクサンダー・ヴォルカノフスキーへの挑戦を意識。
対するケイターは「彼の打撃を封じ込める」と勝利への強い自信を見せた。

No image

仕上がった身体を披露するケイター

チカゼはフェザー級ランク8位の注目選手で、剛柔空手黒帯を持つストライカー。19年にUFCに参戦して以来、無敗の7連勝、キャリア9連勝中。前戦となる昨年8月のエジソン・バルボーザ戦で3試合連続のKO勝利を飾った。空手仕込みの三日月蹴りで多くの強豪を倒している。MMA戦績は14勝2敗。

対するケイターは同級5位の実力者。17年からUFCに参戦し、UFC戦績は6勝3敗。レスリングベースで驚異的なスタミナを持ち、破壊力ある打撃も特徴だ。昨年1月の前戦では、判定で敗れはしたものの、元王者のマックス・ホロウェイを相手に激闘し、その実力が確かなものであることを証明した。

お互い、ここで勝てばタイトル挑戦が大きく近づく重要な試合。勝利するのは、チカゼか、ケイターか。

▶︎次ページは【動画】チカゼとケイターが睨み合いフェイスオフ!(前日計量)
▼【動画】チカゼとケイターが睨み合いフェイスオフ!(前日計量)
※前日計量

※フェイスオフ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加