鶴瓶 元阪神・仲田幸司氏と再会、近況明かす「違う職業やってはるんですよ」

鶴瓶 元阪神・仲田幸司氏と再会、近況明かす「違う職業やってはるんですよ」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/18

落語家、笑福亭鶴瓶(68)が18日、ニッポン放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」(日曜後4・00)に生出演し、阪神などで活躍した元プロ野球選手・仲田幸司氏(56)の近況を伝えた。

No image

落語家の笑福亭鶴瓶

1997年に現役を引退後、野球解説者を務めたほか、マイク仲田名義でタレント活動も行っていた。鶴瓶は「昨日僕ね、阪神のマイク仲田っていう左のピッチャーだったんですけど、20何年ぶりに会いました」と告白した。仲田氏が14勝をマークした92年以来の再会だったそうで、「10勝あげたら飯連れて行くって、そんな話をしたらその年14勝あげたんですよ」と、当時を懐かしんだ。

この話に、フリーの上柳昌彦アナウンサー(63)が「今何をやってらっしゃるんですか?」と質問。鶴瓶は「今はね資格をとって、どない言うたらええんやろ、測量士ですよね。違う職業やってはるんですよ」と明かし、「測量でビルが傾かないようにやっているみたいな。測量の免許取ってやっているんですよ」と語った。

「あなたがやっているビルにはよう入らんわ」と仲田氏にジョークを飛ばしたとも振り返り、「でも、なかなか面白かったですよ」と満足げ。野球にも携わっているといい、「本人は、アマチュアの方の野球のコーチみたいのはやっていますね」とも話した。最後は、仲田氏の現役時代に触れ「あのころ(球が)速かったんですよ、マイクは。でもコントロールが悪かったんですよね」とコメントしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加