「代打の代打」で放った復帰1号 オリ・ロメロが8回に同点2ラン「良い状況で最高の結果」

「代打の代打」で放った復帰1号 オリ・ロメロが8回に同点2ラン「良い状況で最高の結果」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/05

◇パ・リーグ 西武-オリックス(2021年5月4日 メットライフD)

No image

<西・オ(8)>8回無死一塁、オリックスの代打・ロメロは同点2ランを放ち、ナインの出迎えを受ける (撮影・森沢裕)

2年ぶりに古巣復帰したオリックス・ロメロが「代打の代打」で登場し、オリックス復帰1号となる同点2ランを放った。

「打ったのはシンカーだと思う。浮いてきたボールをしっかりとスイングしようと思っていたし、パーフェクトなスイングができたね。今シーズン初めてのヒットがホームランになってくれて良かったし、良い状況で最高の結果になってくれて良かったよ」

4―6の8回無死一塁。若月の代打・T―岡田を送ったところで、西武ベンチは宮川から左腕・小川に継投。「代打の代打」で登場したロメロが起用に応えた。1ボールからの2球目、真ん中寄りの変化球をフルスイング。完璧に捉えた打球はメットライフドームの天井をなめるように左翼席へ着弾した。ロメロはオリックス1年目の17年4月4日の西武戦(メットライフ)で来日1号を放っており、縁深い敵地で千金アーチを描いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加