秋の行楽シーズン到来!あると便利なバーベキュー必須アイテム

秋の行楽シーズン到来!あると便利なバーベキュー必須アイテム

  • ZUU online
  • 更新日:2020/10/18

執筆者:株式会社ZUU

※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。

涼しくなって過ごしやすくなる秋の季節は、アウトドアにもぴったり。家族や友人と、バーベキューを楽しみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。一方で、何を準備したらいいかわからない!という初心者の人も多いはず。そこで今回はバーベキューするときの、あると便利なアイテムを紹介していきます。

■基本のアイテム

「あると便利なアイテム」の前に、基本のアイテムを確認しておきましょう。バーベキューでまず必要なのは、炭とコンロなどの火起こしの道具。炭は1人当たり1キロ程度を目安に用意しましょう。着火剤もお忘れなく!

食器は皿、コップ、箸を用意。スープ用のカップもあるといいですね。皿やコップは紙製のものだと処分しやすく、重ねて持ち運べるのでかさばらなくて便利です。

焼いた肉などを掴むにはトングが必須です。大勢でバーベキューをする場合、焼いた肉などを取り分けるときに箸の代わりにもなるので、やけどの防止にもなります。

こうした食器やカップ、トングなどはいずれも100円ショップで購入できるのでまとめ買いしておくといいでしょう。

■必ず持っていきたい便利なアイテム

ここからは、バーベキューのときにあると便利なアイテムを紹介します。うっかり忘れてしまいがちですが、あるとないとでは大違い!使用シーンとあわせてチェックしてみてください。

●フリーザーバッグ

バーベキューで食べたいものと言えばお肉!肉類を持ち寄るなら、下味をつけて持っていくといいでしょう。フリーザーバッグの中に密閉して、保冷剤とあわせて持参しましょう。

そのほか、味つけした野菜、凍らせたシーフードなどの具材を入れて持って行くのにも便利です。下味をつけた状態で具材を袋に入れておくと味がしみ込むため、焼いてすぐに食べることができるので時短にも繋がりますよ。

食べ物の持ち帰りは衛生上避けたいところですが、あまってしまったスナック菓子などを持ち帰るのにも重宝することでしょう。

●トイレットペーパー

こぼしたものや汚れを拭くときに使いたいのがトイレットペーパーです。ティッシュペーパーは箱がかさばったり、風に吹かれて散らかることがあるので、コンパクトなトイレットペーパーのほうが使い勝手がいいでしょう。

また屋外のキャンプ場などでバーベキューを行う場合、トイレがあってもトイレットペーパーが切れていることも考えられます。このような場合に備えて、トイレットペーパーを数個用意しておくと安心です。

●アルミホイル

バーベキューで食べたいものの一つと言えば蒸し料理ですよね。そこで便利なのがアルミホイルです。鮭やホタテなどの海鮮ものは網焼きのほか、アルミホイルで蒸し焼きにすると旨味が閉じ込められてグッド◎。また骨つき肉を調理する場合、手が汚れないように骨の部分に巻きつけて使うと便利ですよ。

アルミホイルはお皿代わりに使うこともできます。荷物が多い場合、アルミホイルで食器の代用をするのも手です。

●除菌タイプのウェットティッシュ

手が汚れたときにはウェットティッシュがあるといいですよね。普段から持ち歩いている人も多いと思いますが、バーベキューではさまざまなシーンで使えるよう厚め&大きいタイプを選びたいところ。特に水場から遠い場所でバーベキューをする場合には、手についた油などをさっと拭き取るときに役立ちます。

外での食事は衛生面も心配なので、アルコール除菌タイプのウェットティッシュがあるとさらに安心です。

●ゴミ袋

ゴミ袋はゴミを捨てる以外にも活用方法があります。例えば暑い日のキャンプ場は虫が多く、快適に過ごすことが難しい場合があります。そんなときには、ゴミ袋の中に料理の残りなどを入れて少し離れたところに置いておくと、虫をその中に呼び寄せることができることも。

また砂地でペグが効きにくい場所にテントやタープを張るとき、ゴミ袋に砂を入れてロープで結べば不便さを解消してくれます。

●ポップアップテント

ポップアップテントは、その名の通り収納ケースから出すだけですぐに使用できるタイプの手軽なテントです。ちょっとした日陰を作ったり、昼寝する休憩場所になったりと活躍してくれます。

畳むと片手で持ち歩けるくらいまで小さくなるポップアップテント。できるだけ荷物を少なくしたいときや、日帰りのバーベキューでも活躍してくれますよ。ただし使用禁止の会場もあるので、あらかじめ確認してから持っていきましょう。

■下調べをしっかりしてから準備しよう!

キャンプ場などバーベキュー会場によっては、テントや椅子、食材、調理器具、お皿、ゴミ袋など必要なものが用意されているところもあります。このような場所でバーベキューをする場合は、用意されているものは何か、持参するべきものは何か事前に調べ、「あっ!あれ持ってくればよかった」ということがないようにしたいですね。しっかり準備してアウトドア・バーベキューをめいっぱい楽しみましょう!

(提供=UpU/ZUU online)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加