「東洋の魔女」今なお語り継がれる東京五輪金メダル

「東洋の魔女」今なお語り継がれる東京五輪金メダル

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/17
No image

東京五輪女子バレー決勝 日本対ソ連 東洋の魔女たちは激闘の末にソ連を下し金メダルを勝ち取った(1964年10月撮影)

バレーユニホーム<1>

17日に開幕するバレーボールのVリーグでは、選手たちのユニホームにも注目だ。女子1部の姫路がVリーグ初の「スコート」を取り入れるなど、新しい試みも出てきた。

正式種目に採用された64年東京オリンピック(五輪)から現在に至るまで、ユニホームはどんな変遷をたどってきたのか-。

長年開発に携わってきたミズノの協力を得て、これまでの足跡を振り返る。

【取材・構成=平山連】

◇   ◇   ◇

1964年(昭39)の東京五輪で初採用されたバレーボールで、金メダルを獲得した女子代表は、無類の強さを誇り「東洋の魔女」と呼ばれていた。

宿敵ソ連との決勝はスポーツ中継番組では歴代1位の視聴率(66・8%)。今なお語り継がれる名場面だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加