【京都】曹監督「後半攻められたが無失点で終わることができた」スコアレスドローも前向き

【京都】曹監督「後半攻められたが無失点で終わることができた」スコアレスドローも前向き

  • 日刊スポーツ(サッカー)
  • 更新日:2022/05/14
No image

京都対清水 前半、選手に指示を出す京都曹貴裁監督(撮影・上田博志)

<明治安田生命J1:京都0-0清水>◇第13節◇14日◇サンガS

4月17日(第9節)以来の白星を狙った京都サンガは、勝ち点3を上げることができずスコアレスドローに終わった。

今季得点ランク1位のFWピーター・ウタカ(38)は、試合開始直後から積極的にゴールを狙いに行ったが、決めきれず。ペナルティーエリアでボールを奪われる場面も多く、苦しい時間が続いた。続く後半ではシュートが不発。カウンターを狙うも得点は奪えなかった。

無失点に抑えたことについて、MF武富孝介(31)は、「サンガらしい」と話す。だが「得点を取っていかないとJ1では勝てない。もう1パワー必要なのかな」と、試合を振り返った。チームはこの4試合で1ゴールしか奪えていない。

曹貴裁監督(53)も、J2との違いを実感。「いい形でボールを運んだときに、最後の展開のパスでひっかかり苦しい思いをした」と悔しげな表情を見せた。しかし「後半攻められたが、無失点で終わることができた。悔しい思いだけを持ち越して次の試合に臨みたい」と、最後は前向きな言葉を述べた。【竹本穂乃加】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加