雨穴原案ヒューマンホラー『何かおかしい2』が決定!浅利陽介ら豪華キャスト集結

雨穴原案ヒューマンホラー『何かおかしい2』が決定!浅利陽介ら豪華キャスト集結

  • TVerプラス
  • 更新日:2022/08/06

2022年の4月期にテレビ東京で放送され、人気を博したヒューマンホラーサスペンスドラマ『何かおかしい』のシーズン2の制作が早くも決定。2023年に放送されることがわかった。

【動画】『何かおかしい』の最新回を視聴する

同ドラマの原案は、インターネットを中心に活動するオカルトホラー作家・雨穴。ラジオ番組『オビナマワイド』の生放送中に感じるちょっとした違和感が思わぬ悲劇を巻き起こす、リアルタイム進行型ヒューマンホラー。今年4月にYouTubeテレビ東京公式ドラマチャンネルで放送に先駆けて無料配信が始まると、話題を呼び再生回数が前半3話で200万回を超えるなど注目を集めた。

シーズン2では舞台を『オビナマワイド』から『オビナマワイド・ネオ』に移し展開される“雨穴ワールド”。気にも留めていなかった些細な違和感が、後戻りできない生放送中のラジオという生々しい空間で恐怖に変わっていく。

さらに、ドラマを盛り上げる豪華キャストも発表に。『オビナマワイド・ネオ』のプロデューサー上村役に浅利陽介、ディレクターの土屋役に津田寛治、ミキサーの畑野役にシーズン1から続投の松尾諭、若手作家の内山役に細川岳。そして番組MC役にいとうあさこ、大久保佳代子、吉村崇(平成ノブシコブシ)、さらば青春の光、もう中学生、アシスタント役に景井ひな、井上咲楽、中継レポーター役に上村ひなの(日向坂46)という顔ぶれが集まった。またストーリーのカギを握る、各話に登場するゲストキャストにも期待が高まる。

ドラマを怪しく彩る主題歌は、シーズン1に引き続き三浦透子が歌う「intersolid」に決定。女優としても活躍の幅を広げている三浦の透き通る儚い歌声は必聴だ。

なお『何かおかしい』シーズン2は、2022年8月12日(金)21時より動画配信サービスParaviにて先行配信がスタート。毎月2話ずつ、来年1月までにかけて順次配信される予定だ。YouTubeテレビ東京公式ドラマチャンネルにて奇数話のみ無料配信もされる。そして、現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」ではシーズン1(第4話~第6話)が期間限定で無料配信中。こちらも併せてチェックしてみては?

<浅利陽介 コメント>
上村駿作を演じさせていただきました、浅利陽介です。僕が演じる「上村」は、一見、楽しく番組を制作している、穏やかな空気を纏うプロデューサーですが、実は暗い過去を背負った一面があり、誰かにそのことを話すこともなく心に鍵をかけて日々を生きている人です。作品の見どころは、正義と悪が渾然一体となり、判断のつけようがないところです。限りなく黒に近いグレーゾーンの人間描写をご覧頂ければと思います。

<津田寛治 コメント>
本作で僕は、舞台となるラジオ局のディレクター役として参加したんですけど、撮影方法が目を見張るものでした。ラジオブースとサブに十数台のカメラを設置して、それを一斉に回しながら、本当の生ラジオ放送さながらに撮るのです。そしてその中で起こる「何かおかしい」ことも、前回は地上波ラジオ番組の設定でしたが今回はネット局に変わりましたので、コンプライアンスぎりぎりのエグいことばかり。臨場感ハンパない不条理劇、どうぞお楽しみに!

<松尾諭 コメント>
今回も素敵なMCの方々の、まるで実際にあるラジオ番組を収録しているかのような様子に、思わず仕事を忘れ、すっかりただのリスナーになって聞き惚れてしまいました。ただ、今回は、前シリーズよりも、更におかしいです……。

<細川岳 コメント>
十数台のカメラに囲まれてほぼ一発撮りのような撮影スタイルは、ほどよい刺激と緊張を感じながら超スピードで過ぎ去っていきました。不気味なストーリー展開で、好奇心に掻き立てられた大人たちが絡む事でよりおかしくなっていきます。奇妙なこの世界を楽しんで頂けたら嬉しいです。

<いとうあさこ コメント>
とにかく楽しかったです。ラジオブースの中と外にものすごい数と種類のカメラを置いて、最初から最後まで一連で撮ってしまうという斬新な手法に、何かわからないですけどめちゃくちゃ興奮しました。その後役者さん自ら言う「あそこ噛みました」の自己申告も面白かった(笑)。現場はそんな感じでしたが、ドラマ自体はちょっと怖い、ヒリッとするストーリー。そのギャップを一視聴者として改めてオンエアで楽しみたいと思います。

<大久保佳代子 コメント>
大久保佳代子役だったので、特に役作りをすることもなく気楽に参加させてもらいました。でも自分役である故により怖さをリアルに感じてしまい、途中からマジで嫌でした。人間が一番、信用できなくて怖いです。

<吉村崇(平成ノブシコブシ)コメント>
自分役としてドラマに出演できることは凄くやりやすかったです。ほんとにこういう事が現場で起きたらどうなるんだろうなと思いながらやってみました。バラエティ界隈では比較的臨機応変に色々対応できる人間ではあるとは思っていましたが、こんなことが起きたらさすがにこうなるんだろうな、というリアルな感じが出せたので一緒にハラハラしてほしいですね。

<さらば青春の光 コメント>
森田哲矢:特殊な撮り方で、始まったと思ったら一瞬で終わってしまいました。あっちこっちで撮らなくてもいいし、しかも楽しい現場だったので一生ドラマに出たいと思いました。脚本が面白いので、これは面白くなると思います。OAが楽しみです。

東ブクロ:まるでラジオ番組に出演したような、ドラマに出演した感覚ではないのが不思議でした。どういう感じになっているのか、出来上がりが楽しみです。話の流れを見ていたら他の話もとても面白いので、毎話観たいと思います。

<もう中学生 コメント>
身体がスーーっとする、何かがおかしい、夏にもってこいの、ドキドキ系ドラマです! 見ていただいたその夜から、水分補給バッチリしていただき、ひきつづき、みなさま明るく楽しい毎日になりますように……でございます。

<景井ひなコメント>
今回は“景井ひな”としての出演でしたので、役を作りこんでいくというよりは普段の自分に近い部分を見せるように演じました。自分自身の役を演じるのは初めてで不思議な感覚でしたが、とても楽しく演じることができました。普段ホラーが苦手で見られない方も、作品としての面白さで見てもらえるかと思います。年齢関係なく楽しめる作品だと思うので、たくさんの方に見ていただきたいです。私の驚いている表情や怯えている表情にも、ぜひ注目してみてください。

<井上咲楽 コメント>
普通のラジオを撮っているような雰囲気で、演技経験がない私でも楽しくできました! 収録が終わった後も、本当にラジオが終わった後みたいにゲスト役の方とMC役のさらば青春の光さんと囲んでパシャリ。おかしいところにゾッとして涼んでください。

<上村ひなの(日向坂46)コメント>
リポーターの樋口役を演じさせていただく、上村ひなのです。今回『何かおかしい2』への出演のお話を頂き、とても嬉しく思っています。台本を読んでいるうちに段々何かがおかしい……というような感情が生まれてきて、その違和感の正体が分かっていくにつれてゾワゾワとしてくるような。なんとも不思議な感覚の虜になってしまいました! 皆さんにも是非、この奇妙な世界観を楽しんで頂きたいです。

<主題歌・三浦透子 コメント>
先の見えない、どこに辿り着くかわからない螺旋階段を登ったり降りたりするイメージで歌った曲です。不安と高揚が入り混じったような不思議なメロディがこのドラマにとってよいスパイスになればと思っています。

<原案・雨穴 コメント>
第一シリーズがご好評をいただき、第二シリーズの制作が決定いたしました。ありがとうございます。第一シリーズより、さらに肥大化したおかしさを皆さまにお届けできればと思います。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加