トップ下で存在感見せた鎌田大地、先制点も満足せず「もう少しシュートを決めないと」

トップ下で存在感見せた鎌田大地、先制点も満足せず「もう少しシュートを決めないと」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/09/24

[9.23 キリンチャレンジ杯 日本 2-0 アメリカ デュッセルドルフ]

少し遅れて喜びを表現した。前半24分、相手のパスミスをカットしたMF伊東純也がドリブルで持ち上がり、MF守田英正からパスを受けたフリーのMF鎌田大地(フランクフルト)が右足でシュート。ゴールネットを揺らしたが、鎌田がオフサイドラインぎりぎりのポジションだったためVARが介入。VARのチェックを経て得点が認められると、両手を広げて喜んだ。

「今日は僕自身、得点チャンスが多かった。1点取れてよかったけど、もう少し早めに2点目を取れれば、チームが楽になっていたと思う」

先制点の前の前半13分にもMF久保建英のパスから決定機を迎えた鎌田だったが、シュートはGKの好セーブに阻まれた。後半20分のチャンスもGKの好守に遭い、追加点ならず。1-0の拮抗した展開が続いた。

後半43分に途中出場のMF三笘薫が試合を決定づける追加点を奪ったが、鎌田は「点は取れて良かったけど、もう少しシュートを決められるようにならないといけない」と反省。4-2-3-1のトップ下で先発し、何度となくチャンスに絡んだだけに1得点では満足し切れないようだった。

普段もプレーするドイツで開催されたキリンチャレンジカップ。「ドイツだけでなく、場所はどこでも日本代表でのゴールは特別。ゴールを決められてよかった」と素直に喜んだ。
★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2022W杯カタール大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2022W杯カタール大会日程&TV放送

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加