大雨被害の発生した北陸で厳しい暑さ 立秋の明日は関東も真夏日に

大雨被害の発生した北陸で厳しい暑さ 立秋の明日は関東も真夏日に

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2022/08/06
No image

2022/08/06 15:18 ウェザーニュース

今日6日(土)は西日本や北陸などで気温が上がりました。大雨の被害が大きかった北陸でも35℃近い厳しい暑さの所が多くなっています。

東京都心は3日連続で30℃未満

日本付近には暖かく湿った空気が流れ込んでおり、日差しが出た所では気温が上がりました。15時までに全国で最も気温が高くなったのは鳥取県鳥取市で36.7℃を観測しています。

大雨の被害が大きかった北陸でも石川県小松市で33.7℃、新潟県関川村・下関で32.4℃、福井県越前町・今庄で32.3℃など、厳しい暑さです。

雲に覆われた関東は今日もあまり気温は上がらず、東京都心で28.8℃、埼玉県熊谷市で29.4℃とほとんどの所は30℃に届いていません。

立秋の明日は太平洋高気圧強まる

No image

7日(日)の天気と気温

明日7日(日)は立秋で暦の上では秋を迎えますが、それとは裏腹に太平洋高気圧が勢力を強め、夏空の広がる所は今日よりも多くなります。

西日本や北陸は暑さが続き、内陸部など35℃以上の猛暑日の所がある見込みです。北陸も暑さが続きますので、大雨災害の復旧作業を行なう際は、熱中症に注意をしてください。

関東も今日より日差しが届いて気温が上がり、東京都心の最高気温は32℃の予想。4日ぶりの真夏日の予想です。ここ数日が過ごしやすかった分、暑く感じられます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加