【ファーム情報】楽天 押し出しで逆転サヨナラ!ソフトバンクは5発で乱打戦制す

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/18

プロ野球のファームは17日、イースタン・リーグのロッテ―西武戦(ロッテ浦和)が、ロッテの新型コロナウイルス感染でチーム編成が困難なために中止。巨人―日本ハム戦(ジャイアンツ)、ウエスタン・リーグの阪神―広島戦(鳴尾浜)が雨天中止となり、残り2試合が行われた。

ソフトバンクはナイターの中日戦(タマスタ筑後)で5本塁打を放って9―8で勝利。上林が2回に4号ソロ、5回に5号3ランと2本塁打。リチャードが2回に7号3ラン、野村が4回に3号ソロ、ドラフト1位・佐藤(JR西日本)が6回に2号ソロを放った。3番手・武田が2回無安打無失点で3勝目(1敗1セーブ)。中日先発・山本は6回10安打9失点の乱調で2敗目(4勝)。育成選手の石岡が3安打4打点。石橋が3安打。

リーグ首位の楽天はDeNA戦(森林どり泉)に5―4で逆転サヨナラ勝ち。1点を追う9回1死一、二塁で田中貴が同点の右前打。最後は満塁で堀内がサヨナラの押し出し四球を選んだ。先発の育成選手・王彦程は3回4安打4失点。DeNA先発・中川は5回5安打2失点。知野が初回に先制5号2ラン、3回に6号ソロと2打席連続アーチを放った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加