2022中国・北欧経済貿易協力フォーラム、武漢市で開催

2022中国・北欧経済貿易協力フォーラム、武漢市で開催

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/11/25
No image

2022中国・北欧経済貿易協力フォーラム、武漢市で開催

2022中国・北欧経済貿易協力フォーラム・グローバル500対話湖北シリーズイベントの開幕式。(武漢=新華社配信)

【新華社武漢11月25日】2022中国・北欧経済貿易協力フォーラム・グローバル500対話湖北シリーズイベントが21~23日、湖北省武漢市で開催された。湖北省と北欧諸国、世界企業番付「フォーチュン・グローバル500」企業などの協力レベルを高め、共有・共同進歩、融合・共同建設を促進する。

会場では重点協力プロジェクト24件、総額753億元(1元=約19円)の契約が結ばれた。プロジェクトはハイエンド設備製造、情報技術、新エネルギー、現代サービス業などの分野に及んでいる。

中国国際多国籍企業促進会(CICPMC)の張笑宇(ちょう・しょうう)常務副会長は開幕式のあいさつで、北欧諸国は経済が対外的に大きく開かれ、企業の競争力と革新力が強く、グリーン(環境配慮型)発展の面で優位性があると指摘。中国と北欧企業の相互学習、協力を強化することは、中国の対外開放にとって重要な意義があるとの認識を示した。

今回のイベントでは、ハイエンド設備製造や新エネルギー、インテリジェントコネクテッドビークル(ICV)など六つのテーマ別展示エリアを設置。中国・北欧経済貿易協力フォーラム、フォーチュン500対話湖北円卓会議、中国湖北・欧州エネルギー産業マッチング会合、北欧健康都市フォーラムなどイベントも開かれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加