永山絢斗、柴咲コウ“キリコ”の弟役でキーマンに「インビジブル」物語は急加速

永山絢斗、柴咲コウ“キリコ”の弟役でキーマンに「インビジブル」物語は急加速

  • シネマカフェ
  • 更新日:2022/05/16
No image

「インビジブル」(C)TBS

もっと画像を見る

高橋一生と柴咲コウがバディを組む犯罪エンターテインメント「インビジブル」。この度、永山絢斗が物語のカギを握るキャラクターで出演していることが分かった。

多部未華子“未知留”大胆行動に注目集まる、誘拐犯の“言葉”には「タイトルそういう意味なんか...」驚愕も「マイファミリー」第5話

“クリミナルズ”と呼ばれる凶悪犯を捕まえるために、刑事・志村貴文(高橋さん)と犯罪コーディネーター“インビジブル”のキリコ(柴咲さん)という絶対に相容れないはずの2人が、異色のバディを組む本作。

キリコとバディを組み、クリミナルズを捕らえてきた志村。その一方で、同僚・安野(平埜生成)が殺害された“3年前の事件”の犯人を追い続け、キリコにもその情報を求めていた。しかし物語は、キリコが実はその事件の首謀者かもしれないという展開へ。安野殺害の容疑がかかる武入が逃走し、同時にキリコも姿を消す。志村はキリコを見つけ出すが、そこに武入が何者かに監禁されている映像が届く。再びバディとなって武入の救出に向かった2人の前に、「僕が本当のインビジブルである」と話す男・キリヒトが現れる――というストーリーに。

No image

そんなキリヒトを演じるのが永山さん。キリヒトはキリコの弟で、同じく犯罪コーディネーター“インビジブル”。幼い頃から共にインビジブルとして育てられ、犯罪のコーディネートに関わってきた姉弟だが、とある出来事から互いに距離をとるように。物語は、キリヒトの登場で大きく動き出すことになる。

「インビジブル」は毎週金曜日22時~TBSにて放送中。

二宮和也“温人”の共犯者化に「成功体験が仇に」の声、黒づくめ誘拐犯の正体にも「まさかあの子が...」と衝撃走る「マイファミリー」6話

【ネタバレあり】「彼とオオカミちゃんには騙されない」最終話配信でついに正体明らかに...“特別編”もスタート

【ネタバレあり】マルチバースは見どころ満載『ドクター・ストレンジMoM』6つのキーポイント

cinemacafe.net

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加