F・デ・ヨングの気持ちがチェルシー寄りに? レドナップ氏やジャーナリストが証言

F・デ・ヨングの気持ちがチェルシー寄りに? レドナップ氏やジャーナリストが証言

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/08/06
No image

バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)が、徐々にチェルシー行きに気持ちが傾いているようだ。

【動画】【レジェンドたち】アグエロとアンリがバルセロナの練習に参加

クラブが深刻な財政難に陥っていることにより、売却候補筆頭に挙げられているデ・ヨング。大金を費やして補強を敢行するクラブから売却もしくは大幅な減俸という理不尽な二択を迫られながらも、本人は残留の意思を固く示し続けている。

一時は同胞のエリク・テン・ハグ監督が就任したマンチェスター・ユナイテッド行きに迫っているとされていたが、現在はチェルシーが急接近。すでに代理人と交渉に入っているようだ。

そしてチェルシーの説得により、オランダ代表MFの気持ちは移籍に傾いてきているようだ。かつてトッテナムを指揮したハリー・レドナップ氏によれば、「デ・ヨングはチェルシーに行きたがっているようだ。私は彼がチェルシーに行きたがっていることを知っている」とのこと。

『The Byline』からレドナップ氏のコメントを引用したスペイン『スポルト』は、同氏がユナイテッドの上層部から仕入れた情報であると付け加えている。

また、イギリス『タイムズ・スポルト』のポール・ハースト記者も「マンチェスター・ユナイテッドはフレンキー・デ・ヨングを中盤のポジションを補完する理想的な選手として認識しているが、現在、彼はバルセロナに留まるか、チェルシーに移籍する可能性が高いようだ」とコメントしている。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加