東京がレギュラーシーズン1位 最多勝の張本はPOへ気合「ただ勝ちにいくという気持ち」

東京がレギュラーシーズン1位 最多勝の張本はPOへ気合「ただ勝ちにいくという気持ち」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/22

◇卓球Tリーグ・レギュラーシーズン最終戦(2021年2月21日 東京・アリーナ立川立飛)

No image

張本智和

男子1位の東京が3位の岡山リベッツを3―2で下し、レギュラーシーズン1位が確定した。第4マッチを終えて2―2と引き分け、変則のビクトリーマッチで東京五輪代表の張本智和(17)が上田仁に11―6で勝った。

張本は第3マッチでも田添響を3―1で退けており、レギュラーシーズン1位に貢献。シングルス16勝で最多勝をマークした。「自分が決めて優勝したいと思っていた」と振り返った。26日にプレーオフ・ファイナルで2位の琉球と激突。「レギュラーシーズン優勝と最多勝は忘れて、ただ勝ちにいくという気持ち」と切り替えていた。

3月上旬にカタールで行われる国際大会にも出場予定で「カタールに行かないと国際大会に出ずに五輪に出場することになる。自分の力を試したいと思ってエントリーした」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加