巨人・岡本和23打席ぶり安打は特大16号ソロ 意地の一打で偉業阻止 元木HC「いいバッティング」

巨人・岡本和23打席ぶり安打は特大16号ソロ 意地の一打で偉業阻止 元木HC「いいバッティング」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/10

◇交流戦 巨人1―3オリックス(2021年6月9日 京セラD)

No image

<オ・巨2>7回2死、無安打投球を続けていた宮城(左)から左越えに本塁打を放つ岡本和(撮影・成瀬 徹)

4番の意地の一発で偉業を阻止した。7回2死から巨人・岡本和が宮城の142キロ内角直球を左翼5階席へ。「2点差でしたし、あの場面で一本打つことができて良かった」とチーム初安打となる特大の16号ソロを放った。

主砲の23打席ぶりの安打に元木ヘッドコーチは「久しぶりにヒットが出たね。いいバッティングをしていた」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加