中日ビシエドが20戦連続安打 球団最多は西沢道夫の25試合

中日ビシエドが20戦連続安打 球団最多は西沢道夫の25試合

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

西武対中日 2回表中日無死、ビシエドは中前安打を放つ(撮影・鈴木正人)

<日本生命セ・パ交流戦:西武5-6中日>◇11日◇メットライフドーム

中日ダヤン・ビシエド内野手が2回先頭の第1打席で高橋から中前打を放ち、連続試合安打を「20」に伸ばした。「自分のなりのいいスイングができているし、チームが勝てて良かった」。これで球団では93年の落合、94、95年のパウエルらの記録に並んだ。球団最多は1949年に初代ミスタードラゴンズ西沢道夫が残した25試合となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加