所属アーティストの音源収益を一度も清算しなかったと批判殺到の韓国芸能事務所が反論「事実と異なる」【全文】

所属アーティストの音源収益を一度も清算しなかったと批判殺到の韓国芸能事務所が反論「事実と異なる」【全文】

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2022/11/25

歌手兼俳優のイ・スンギとの精算内訳などを巡り葛藤を生じさせている所属事務所HOOKエンターテインメントが、音源精算が一度もなされなかったという疑惑に対して反論した。

【衝撃】イ・スンギ、所属事務所代表からの“侮辱の一言”

11月25日、HOOKエンターテインメントは公式立場を発表し、「連日続く良くないニュースと、現在イ・スンギ氏との間の問題によって良くない姿をお見せすることになった点について、多くの方々に面目なく申し訳ないという言葉を伝え、特にこのことによって大変な時間を過ごしているイ・スンギ氏に謝罪の言葉を申し上げる」と謝罪した。

しかし精算と関連した一連のイシューについて、はっきりと反論した。

「一度も清算しなかったは、事実と違う」

No image

イ・スンギ

HOOKエンターテインメントは「HOOKエンターテインメントとイ・スンギ氏は2021年に専属契約を終了し、再び専属契約を締結した当時、これまでの精算内訳などを双方で確認して金銭的な債権債務関係を精算し、そのような事実を確認する内容の合意書を作成した」とし、「それでもイ・スンギ氏の問題提起により、HOOKエンターテインメントは専門家たちと共にこれまでイ・スンギ氏に支給した相当な金額の収益精算内訳をもう一度綿密に検討中」と明らかにした。

また、「あるメディアを通じて発表されたイ・スンギ氏と所属事務所間の契約内容(収益分配比率など)、およびHOOKエンターテインメントがイ・スンギ氏に対して一度も音源精算をしなかったという内容は、事実と違うという点を明らかにする」と主張した。

所属歌手イ・ソンヒを巡る責任論についても立場を明らかにした。

HOOKエンターテインメントは「イ・ソンヒ氏の場合、HOOKエンターテインメントの立ち上げから共にしたアーティストなので、礼遇として名目上、取締役に登載されていたが、HOOKエンターテインメントは2006年から2021年までクォン・ジニョン代表が株式100%を所有していた1人会社で、イ・ソンヒ氏は会社の経営や収益分配の問題などに関わっていない」と強調した。

それと共に「これと関連した憶測で所属芸能人の名誉を傷つけ傷つける行為に対して黙認せず、法律代理人を通じて強力に法的対応する予定」と、強硬に対応することを予告した。

先立って最近、イ・スンギが18年間の活動を通じて発表した27枚のアルバム、137曲に対する音源収益を1ウォンも受け取っていないという主張が登場し、HOOKエンターテインメントが議論の中心に立った。

HOOKエンターテインメントの公式立場全文は、以下の通り。

こんにちは。HOOKエンターテインメントです。

まず連日続く良くないニュースと、現在イ・スンギ氏との間の問題によって良くない姿をお見せすることになった点について、多くの方々に面目なく申し訳ないという言葉を伝え、特にこのことによって大変な時間を過ごしているイ・スンギ氏に謝罪の言葉を申し上げます。

またクォン・ジニョン代表の誤った言動によって傷ついた方々にも、頭を下げて申し訳ないという言葉を伝えます。

先立ってHOOKエンターテインメントの報道資料でもすでに言及されたように、イ・スンギ氏の法律代理人から受け取った内容証明について正確な資料を確保し、整理するための過程で正確に確認されなかった事実がメディアを通じて報道されている点に遺憾の意を表します。

HOOKエンターテインメントとイ・スンギ氏は2021年に専属契約を終了し、再び専属契約を締結した当時、これまでの精算内訳などを双方で確認して金銭的な債権債務関係を精算し、そのような事実を確認する内容の合意書を作成した経緯があります。

それでもイ・スンギ氏の問題提起により、HOOKエンターテインメントは専門家たちと共にこれまでHOOKエンターテインメントがイ・スンギ氏に支給した相当な金額の収益精算内訳をもう一度綿密に検討中です。さらに最近、あるメディアを通じて発表されたイ・スンギ氏と所属事務所間の契約内容(収益分配比率など)、およびHOOKエンターテインメントがイ・スンギ氏に対して一度も音源精算をしなかったという内容は、事実と違うという点を明らかにします。

私たちは現在、明確に整理して間違った業務処理があれば、それを正して責任を負う予定です。信頼を土台に所属芸能人たちとの関係を維持しなければならない芸能マネジメント会社として良くない姿をお見せし、改めて申し訳ない気持ちです。

そしてイ・ソンヒ氏の場合、HOOKエンターテインメントの立ち上げから共にしたアーティストなので、礼遇として名目上、取締役に登載されていましたが、HOOKエンターテインメントは2006年から2021年までクォン・ジニョン代表が株式100%を所有していた1人会社で、イ・ソンヒ氏は会社の経営や収益分配の問題などに関わっていませんでした。

HOOKエンターテインメントはこれと関連した憶測で所属芸能人の名誉を傷つけ傷つける行為に対して黙認せず、法律代理人を通じて強力に法的対応する予定であることを明らかにします。

◇イ・スンギ プロフィール

1987年1月13日生まれ。2004年にソロアルバム『The Dream Of A Moth』でソロ歌手としてデビューした。歌手のみならず、バラエティや俳優業でも頭角を現し、マルチタレントとして活躍。オーディション番組『PRODUCE 48』ではメイン司会役を務めた。主な出演作にドラマ『華麗なる遺産』『キング~Two Hearts』『花遊記』『Vagabond/バガボンド』などがある。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加