森保監督「チームの融合の幅を広げていきたい」 あす23日に国際親善試合の米国戦

森保監督「チームの融合の幅を広げていきたい」 あす23日に国際親善試合の米国戦

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/23

ドイツ・デュッセルドルフでW杯前の最後の合宿に臨んでいる日本代表の森保一監督(54)が22日、あす23日の米国戦の前日会見に出席し、「W杯に向けていい準備になるよう試合に臨みたい」と意気込んだ。

No image

会見に臨む森保監督(撮影・小海途 良幹)

合宿2日目の実戦形式の練習では4―2―3―1を採用。指揮官は「W杯に臨むにあたって、4―1―4―1と4―2―3―1、そして6月にガーナ戦の終盤に3バックも短い時間だが試した。それはオプションとして持ちたい」とし、「明日の試合についてはこれから最終的に詰めて決めたいと思っているが、4―2―3―1か4―3―3で臨みたいと思っている」と話した。

さらに「アジア最終予選で主力として戦ってくれた選手を中心にチーム作りを進めるが、好調の選手をどう組み込んでいくか。(好調な選手や加わった選手の)全員にチャンスをあげられるかは分からないが、できる限りピッチに立ってもらって、その選手がどれくらいできるかの確認とチームの融合の幅を広げていきたい」とチーム力の底上げにも言及。加えて、「最終予選でもケガやアクシデントでピッチに立てない選手がいたことがあったなか、誰が出てもチーム力を落とさない、戦力として機能するというのは常に持っておかないといけない」と強調した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加