鈴村健一だからこそ分かる!「ヤン・ウェンリーの魅力は圧倒的な俯瞰力」

鈴村健一だからこそ分かる!「ヤン・ウェンリーの魅力は圧倒的な俯瞰力」

  • ViVi
  • 更新日:2022/09/25

2018年に、再アニメ化で社会現象となった『銀河英雄伝説 Die Neue These』シリーズ。今年春には第3シーズンの3作が上映されましたが、その続きが待てない!というファンに朗報。早くも9月30日より、第4シーズンの3作が上映となります。そこでViViは、超豪華声優陣の方々にインタビューを刊行! 第一回はヤン・ウェンリーの声を演じている声優・鈴村健一さんのインタビューをお届けします♡ 今シーズンの見どころ、そして鈴村さんだからこそ分かるヤンのカッコ良さについて解説してもらいました! サイン入りチェキプレゼント企画も実施中なのでぜひ最後までチェックしてね♡【銀河英雄伝説 Die Neue These 声優インタビュー vol.1】

【本文を読む】鈴村健一だからこそ分かる!「ヤン・ウェンリーの魅力は圧倒的な俯瞰力」

No image

鈴村さん演じる ヤン・ウェンリーて何者?

――まずはViVi世代の読者層に向けて、作品の見どころを教えてください。

じゃあアゲポヨでいきます(笑)。僕が声を演じているヤンは、自由惑星同盟軍を率いる将校。彼はどこにでもいるようなタイプに見えるんですけど、視野が広くて……。難しいですね、分かりやすい言葉で説明しようとするのって。
本当にヤンは、ひと言で言えないキャラクターなんですよ。
アニメの主役キャラクターってヒロイックなものをイメージされる人も多いと思うんですけど、ヤンはそういうイメージとは少し違うところにいると思うので……。

No image

――ヤンはこういう時代じゃなければ軍人にはなっていなかった、というキャラクターですよね。

そうですね、もともとヤンは歴史研究家になりたいと思っていたんです。それゆえ物事を広い視野で捉えることができ、かつ俯瞰した目線も持っている。
人って、その“俯瞰視線”を強めていくと“中庸”(中立的)になっていくと思うんですけど、その“中庸”が行き着く先ってちょっと神的になってくる。ところがそういうわけでもないのがヤンの面白いところで。俯瞰した目線を持っていながらも、実は人生を圧倒的主観で生きている、というのがカッコいいところなんですよね。
自分がどう生きていくかということに真摯に向き合っていて、現実というものをちゃんと理解したうえで決断ができる人かな、と……。
難しいですね、ヤンの魅力って何でしょうね(笑)。

No image

©田中芳樹/銀河英雄伝説 Die Neue These 製作委員会

――その難しいキャラクターを演じるうえで、とくにどういったところを意識されているのでしょうか?

さっき言ったように、「超人にならない」ということをすごく大事にしていて。ヤンは物事を俯瞰して捉えるゆえ、何が起きているかということを先読みできてしまうキャラクターなんですね。そのため預言者的な部分を感じさせてしまうんですけど、それを僕が超人的に演じてしまうとヤンは人間ではなくなってしまう。
そこで大事になってくるのが、さっき言った“主観”なんですよね。あくまでヤンは一個の人間であり、生活があり趣味嗜好もある。そういうことを理解したうえで軍人としてこう決断する、という意識を持ちながら演じることが大事だと思っているんです。

No image

もしも、ヤン・ウェンリーが 現実世界にいたら……?

――実際にヤンがいたらどんな言葉をかけてあげたいですか?

もっと自信を持ってもいいのにな、というのはすごく思いますね。
ヤンの側近にシェーンコップというキャラクターがいて、彼はヤンが上に立つことを望んでいるんです。それでたびたびヤンにけしかけるんですけど、それに対してヤンは「いやいや、身の丈に合っていない。僕にはそんなことできない」といつも目を背ける。でも多分、視聴者の皆さんも「ヤンにこの国の指揮を執ってほしい」と思っていると思うんですよ。その実現のために必要なものって、ヤンの自信だなあと感じていて。
ヤンは決して自信がないわけではないんですけど、自分を評価していないところはあって。そこをもうちょっと改善してくれれば、ダメ政治をしている自由惑星同盟を何とか立て直せるんじゃないか、って思ってしまうんですよね。

No image

――では現代社会にヤンがいたら、一緒にどんなことをやってみたいですか?

僕の会社の社長になってもらいたいですね。断然。でもきっと、シェーンコップに言ったように断るでしょうね。何とかして説得しますけど(笑)

――ヤンが社長になったら、鈴村さんはどういう役割を?

ユリアン的立ち位置になってサポートしたいですね。

――ヤン以外で好きなキャラクターについても是非教えてください。

たくさんいますね。今日は誰にしようかな~(笑)。ヤンの副官・フレデリカの話をしておこうかな。
彼女の良いところはミーハーじゃないところですね。ヤンの本質を見て好意を寄せている、というのがすごいなと思います。
僕的にはヤンはカッコいいなと思うんですけど、物語における設定としては、実はヤンはそんなにカッコいいわけではないんですよ。ごく一般的な顔をしている男、という設定なんです。ヤンというのは男が好きになるタイプの男ではあるとは思うんですけど、女性にモテるタイプではないんですね。そういう意味ではフレデリカは、ヤンの外見ではなく本質を掴んで、人として愛してくれている。
しかも14歳でヤンと出会ってそれからずっと好いているわけですから、何て可愛いんだ!と思いますね(笑)。

No image

©田中芳樹/銀河英雄伝説 Die Neue These 製作委員会

今シーズンの注目ポイントは?

――今シーズンの魅力をひと言で言うと何だと思われますか?

群像劇なので、ひと言で言うのは難しくて。どこに焦点を当てるかによって全く違ってくるんですけど、そのうえで言うと、僕はヤンとユリアンの関係を見どころにしたいかなと思います。
もちろん他にもいっぱいありますよ。今回はフェザーン自治領という第三勢力が出てきて、そのフェザーンと銀河帝国との駆け引きも見どころです。
また『銀河英雄伝説』というタイトルにふさわしく、今シーズンから銀河が大きく動き出す。銀河が変わる序章、みたいな感じで魅力なんですけど、その激動の中で、ずっと一緒にいたヤンとユリアンがお互い成長していく物語も描かれています。親代わりだったヤンがユリアンの背中をどう押していくかとか、ユリアンがそれをどう受け止めるのかとか、そのあたりが僕的には見どころかなあと思います。

No image

©田中芳樹/銀河英雄伝説 Die Neue These 製作委員会

鈴村さん流!「銀英」を楽しむコツ

――昨今は長い作品を見ることが苦手、という人が増えています。長編である『銀河英雄伝説』を楽しむコツみたいなものを教えていただけませんでしょうか?

僕自身は長編がすごく好きなんですよね。まだ先がある、と思って見ることができるので。
たしかに今は、音楽もイントロのないものが人気だと言われたりしていますけど、何でも一回どっぷり浸かると次が見たくなるもの。大好きなユーチューバーさんの5分とか10分とかいった短い動画も、ファンになると「次も、次も」って見るじゃないですか。多分、感覚的にはそれと一緒だと思うんですよ。
だから『銀河英雄伝説』も、「長い」ということで躊躇するかもしれないですけど、本質は同じだよっていうことを伝えたいなと思いますね。

――まずは1話見てみると、絶対にハマりますよね。

ただ僕は、「見るのは第1話じゃなくていいよ、今回のシーズンでいいよ」と思うんです。
作品って、どこから見始めてもいい。まず一度触れてみよう、というところから始めればいいんじゃないかなあと思いますね。

――今シーズンから見ても全然問題ないものですか?

そうですね、今シーズンはキャラクターが出そろっているので、後から前シーズンを見て、それぞれがどういうキャラクターか知っていくのもまた楽しいんじゃないかと思います。けっこう、そういうことってないですか? たまたま見て、気になって遡ってみたら面白かった、みたいなこと。「どうせ第一話から見なきゃダメなんでしょ」って思いがちですけど、今日この記事をたまたま読んだアナタ。是非一度、映画館へ足を運んで今シーズンを見てみてはどうでしょうか?(笑)

No image

鈴村さんPICK UP! ViVi読者におすすめのキャラクター

――最後に、ViVi読者にオススメのイケメンもご紹介いただけますでしょうか?

ミッターマイヤーはいいんじゃないでしょうか?
彼は銀河帝国の支配者ラインハルトの信頼する部下の一人なんですけど、めちゃくちゃイケメンで、めちゃくちゃ有能なんですよ。それでいて愛妻家ときている。
だから平和を求めるViVi世代のアナタ、「こういう男性に出会いたいな」と思う参考にしていただきたいと思います。

No image

©田中芳樹/銀河英雄伝説 Die Neue These 製作委員会

――平和を求めないタイプなら……?

危険を求めるアナタには、我が自由惑星同盟の同胞・シェーンコップさんをオススメします。
彼はリベラルな精神をお持ちで、かつ理念もある。だけど女性にすぐ甘い言葉をささやいてしまう。困った男ですよ。でもカッコいいと思います。
どちらを選ぶかは、アナタたちに委ねましょう(笑)。

No image

©田中芳樹/銀河英雄伝説 Die Neue These 製作委員会

No image

鈴村健一さんのサイン入りポラロイドを1名様にプレゼント

No image

応募方法
①ViVi公式Twitterアカウントをフォロー
②特集期間中(9月23日〜10月15日)に、ViVi公式Twitterに投稿される【#銀英伝_ViViプレゼント】がついているツイートをリツイート
③応募完了!
★参加してくれた人の中から抽選で当選者を決定いたします。
★キャンペーン終了後の集計期間7日間にフォローされている方が対象です。
★当選した方には、ViViの公式アカウント(@vivi_magazine)より、DM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡いたします。

No image

鈴村健一
9月12日生まれ。大阪府出身。1994年に声優デビューし、アニメ、ゲーム、ラジオ、音楽シーンなどで幅広く活躍。代表作は『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』、『銀魂』、『おそ松さん』など数えきれないほど。

『銀英』豪華声優インタビュー

Photo:Tohru Daimon Text:Naoko Yamamoto

超期待の春アニメ『パリピ孔明』の見所はここだ!Wヒロイン本渡楓&96猫の二人 がパリピトーク!?【後編】

超期待の春アニメ『パリピ孔明』の見所はここだ!Wヒロイン本渡楓&96猫のスペシャル対談【前編】

ViVi編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加