アイ・ピースが臨床用iPS細胞の作製サービスを開始 量産態勢の構築も目指す

  • OVO
  • 更新日:2020/06/01

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作製するI peace(アイ・ピース、米カリフォルニア州)の日本法人アイ・ピース(京都市)は、京都市にある細胞製造拠点での特定細胞加工物製造許可を厚生労働省から取得し、臨床用iPS細胞の作製サービスを開始した、と発表した。これまで研究用iPS細胞の提供は行っていたものの、今回の製造許可を得て、臨床用iPS細胞を作製、製薬会社や研究所などからの受注を始めた。 アイ・ピ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加