【エプソムC】アドマイヤビルゴ&マイラプソディ 友道勢2騎ともに仕上がり順調

【エプソムC】アドマイヤビルゴ&マイラプソディ 友道勢2騎ともに仕上がり順調

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

友道厩舎は2頭出し。大阪杯9着から2カ月ほど空けたアドマイヤビルゴは坂路単走で4F55秒7~1F12秒3を刻んだ。藤本助手は「1週前に負荷をかけたので調整程度。リラックスして走れていました」と笑みを浮かべる。東京は初めて。「体は小さいけど、バネがあるので東京でいい走りができそうです」とイメージしていた。

No image

<エプソムC追い切り>坂路で追い切るアドマイヤビルゴ(撮影・亀井 直樹)

都大路S2着マイラプソディは藤岡康(レースは武豊)騎乗でCWコース単走。上がりを伸ばして6F82秒7~1F13秒0で駆け抜けた。岩崎助手は「リズム良く走って、いい動きでした」と満足顔。「去年と比べると大人になってドッシリしてきました。前走の内容も良かったので期待しています」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加