岡田准一×綾野剛で韓国のヒット作をリメイク 藤井道人監督『最後まで行く』2023年公開へ

岡田准一×綾野剛で韓国のヒット作をリメイク 藤井道人監督『最後まで行く』2023年公開へ

  • Real Sound
  • 更新日:2022/11/25
No image

『最後まで行く』©2023映画「最後まで行く」製作委員会

2014年に公開された韓国映画『最後まで行く』が、岡田准一主演、綾野剛共演、藤井道人監督のタッグで日本版リメイクされ、2023年5月19日に全国公開されることが決定した。

参考:【写真】藤井道人監督『新聞記者』の綾野剛

本作は、一つの事故を発端に、極限まで追い詰められていく刑事の姿を描いたクライムサスペンス。韓国版では『パラサイト 半地下の家族』のイ・ソンギュンが主演を務め、これまでに中国、フランス、フィリピンでリメイクされている。

日本版リメイクの監督を務めるのは、2020年に『新聞記者』で第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞、その後も『宇宙でいちばんあかるい屋根』『ヤクザと家族 The Family』『余命10年』を世に送り出してきた藤井。脚本は藤井監督と共に『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』を手がけた平田研也が担当する。

主演を務めるのは、『ザ・ファブル』『燃えよ剣』『ヘルドックス』と数々の主演作を持つ岡田。藤井監督と初めてタッグを組む本作で、一つの事故を発端に、次々と悪魔のような災難が降りかかる男・工藤を演じる。

共演には、『ヤクザと家族 The Family』、ドラマ『アバランチ』(カンテレ・フジテレビ系)で藤井監督作品に出演してきた綾野が名を連ねた。本作では、岡田演じる刑事・工藤を追う冷徹な監察官・矢崎を演じる。岡田と綾野は、2010年公開の映画『SP THE MOTION PICTURE 野望篇』で1シーンのみの共演があったが、本格的な共演は本作が初めてとなる。

年の瀬も押し迫る12月29日の夜。刑事・工藤(岡田准一)は危篤の母のもとに向かうため、雨の中で車を飛ばす。工藤のスマホには署長から着信が。「ウチの署で裏金が作られているっていう告発が週刊誌に入ったが、もしかしてお前関わってるんじゃないか?」という署長の詮索に「ヤバい」と血の気が引く工藤は、何とかその場をやり過ごしたものの、心の中は焦りで一杯になっていた。そんな中、妻から着信が入り、母が亡くなった事を知らされた工藤は言葉を失うが、その時、彼の乗る車は目の前に現れた一人の男を撥ね飛ばしてしまう。すでに彼が絶命していることが判ると、狼狽しながらもその遺体を車のトランクに入れ立ち去った。

途中、検問に引っかかるも何とかその場をごまかし署に辿り着いた工藤は、署長に裏金との関与を必死に否定し、その場を後にする。そして母の葬儀場に辿り着いた工藤は、こともあろうに車で撥ねた男の遺体を母の棺桶に入れ、母とともに斎場で焼こうと試みる。

その時、工藤のスマホに一通のメッセージが入る。「お前は人を殺した。知っているぞ」というその内容に、腰を抜かすほど驚く工藤。その後メッセージは「死体をどこへやった? 言え」と続く。そのメッセージの送り主は、県警本部の監察官・矢崎(綾野剛)。彼もまた、ある男が行方不明となり、死んでいたことが判明し動揺していた。そしてその男こそが、工藤が車で撥ねた人物だったのだ。さらにその裏には、矢崎が決して周囲に知られてはいけない秘密が隠されていた。追われる工藤と、追う矢崎。果たして、96時間の逃走劇の結末はどうなるのか。そして、男の遺体に秘められた事実とは何か。

■コメント

岡田准一

藤井監督とスタッフ、そして綾野剛さんと過ごした撮影期間は、ものづくりの情熱に震える最高の時間でした。綾野剛さんに追い詰められていく人物を演じるのは、今までの映画人生の中で一番エネルギーを使いました。日本映画界の希望、藤井監督が織りなす最後まで加速するストーリーを是非ご覧いただきたいです。

綾野剛

藤井組の新たな作品に参加出来たこと、その撮影の日々は本当に幸せでした。藤井さんはカメレオン監督。常にジャンルレスであって、挑戦への熱量を絶やさない。まだ見たことのない、見せたことのない役の生き方を探求し提示し一緒に走ってくださいます。僕の知らない僕をいつも見つけてくれる無二の監督です。そしてひとつの目標であった岡田准一さんとの共演。対峙し続ける関係ですが、僕のその想いが溢れてしまわないか、調整に苦労しました。ずっと見ていたくなる。これは役の矢崎にも通ずる良い影響をもたらしてくれました。嵐のように変化を恐れないこの組の熱意は、総合芸術である事の大切さをいつも更新させてくれます。ただひたすらかっこいいチームに乗せられて、志高き各部署のスタッフと共に最後まで生き切りました。是非劇場で目撃ください。

藤井道人(監督・脚本)

小学生の時から憧れだった岡田准一さんとの仕事は、自分にとって忘れられない最高にエキサイティングな時間でした。映画に向き合う姿勢、キャスト、スタッフへの気配り、クリエイティブな発想の全てがこれからの自分の映画制作の糧になりました。そして、戦友の綾野剛さんも参加してくれて、自分でもびっくりするくらい面白い映画が出来ました。1秒も飽きることない、ノンストップエンターテイメントに仕上がっていると思います。そして、新境地の岡田准一さん、綾野剛さんが撮れたと思っています。是非、公開を楽しみにしていてください。韓国で本作のオリジナル映画を作ったキム・ソンフン監督に敬意をこめて。

西村信次郎(プロデューサー)

不幸、不都合、不条理、不運の連鎖と忖度が一気に押し寄せてきたら・・・不器用でいきあたりばったり。ドキドキしながらハラハラしながらドタバタしながら何とかしないといけない。上手くいかずさらに困難に陥る。情けないけど可笑しくて愛すべき役をお願いできるのは岡田准一さんしかいませんでした。岡田さん最高です。立場が違う役の綾野剛さんも(ネタバレできませんが)また最高です。藤井道人監督の新たな最高傑作です。

(リアルサウンド編集部)

Array

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加