南アフリカランド円今週の予想(11月21日) サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)

南アフリカランド円今週の予想(11月21日) サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)

  • FISCO
  • 更新日:2022/11/26
No image

株式会社フィスコ

皆さん、こんにちは。フィスコリサーチレポーター花田浩菜の気になるレポートです。今回は、南アフリカランド円についてのレポートを紹介します。

陳さんはまず、『今週の南アフリカランド円は、インフレ指標と政策金利の2つの重要指標が発表されるが、結果次第では大きな変動もあるため、注意が必要だろう』と述べています。

続けて、『南アフリカの国営電力会社エスコムによる計画停電の長期化懸念や主要産業で相次ぐ労働争議問題、経済的な結び付きの強い中国の景気減速懸念から、南アフリカ経済は芳しくない状況が続いている』と解説しています。

また、『今週は23日に10月消費者物価指数(CPI)が発表される。インフレの加速が確認された場合、翌24日の南ア中銀金融政策決定会合では、前回の会合と同じ0.75%の利上げが予想される。その場合、ランド買いが強まるだろう』とし、『逆に、インフレが予想以下であれば利上げは0.5%に留まり、失望感からランド売りが強まりそうだ』と述べています。

ただし、『南アフリカ経済はインフレ下の不況であるスタグフレーション懸念が強まっているため、過度の引き締めはリセッション懸念を強めることから、利上げによる買いが長続きするかどうかは疑問だ』と考察しています。

こうしたことから、南アフリカランド円の今週のレンジについて、『7.80円~8.3円』と予想しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の11月22日付「南アフリカランド円今週の予想(11月21日)」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜

FISCO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加