いつも私を終電で帰らせる彼。「何かある」と財布を探って免許証を見たら

いつも私を終電で帰らせる彼。「何かある」と財布を探って免許証を見たら

  • かがみよかがみ
  • 更新日:2021/03/11

もう22時になろうという頃、青山から渋谷駅まで歩いて10分ちょっとの道を、私たちは手を繋いで歩いていた。私だけ泣いていた。5月の終わりの東京の夜は心地の良い暖かさで、風もぬるくて気持ちがいい。ああ、明日は仕事かあ。学生だったら仮病で休んでいたことろだ。新入社員としてそれなりに責任を感じて働いている私は、明日も何事もなかったように出勤するのだろう。なんでこんな日に、こんなことになってしまったのだろう

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加