45人感染北海道 "15日ぶり"40人上回る...「特養&スイミングクラブ」で新たに2つのクラスター

45人感染北海道 "15日ぶり"40人上回る...「特養&スイミングクラブ」で新たに2つのクラスター

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2021/10/14
No image

感染者情報を発表した北海道

北海道は10月14日、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認された45人(うち再陽性1人)中、北海道発表分16人の詳細を発表しました。

14日は死者の発表はありません。感染者は札幌市で19人(うち再陽性1人)、旭川市10人が確認され、あわせて45人です。

感染者が10人を上回るのは10日連続で、15日ぶりに40人を上回りました。

北海道全体で2日連続で前週の同じ曜日を上回りました。1週間前の木曜日の約3.2倍、札幌市は約6.3倍となりました。

3度目の緊急事態宣言が解除され14日目。木曜日としては3週連続で50人を下回っているものの、増加傾向も見られます。

人口10万人あたりの1週間の新規感染者数は北海道「3.1人」、札幌市「5.0人」で、北海道は「まん延防止等重点措置」の目安「15人」を29日連続、札幌市は22日連続で下回りました。

北海道発表分として新たなクラスターが確認されました。

●「特別養護老人ホーム」(後志地方):14人

入所者1人の陽性が10月11日に確認され、濃厚接触者のPCR検査を進めたところ、計14人(職員4人、入所者10人)の感染が確認されました。

40代から90代で軽症または無症状。これまで175人にPCR検査をしています。

【10月14日北海道発表分の感染者情報】

▼後志地方:13人

▼上川地方:1人

▼根室地方:2人

●年代

・10代~90代以上(30代以下2人)

このうち6人が入院中(宿泊療養施設含む)、10人が調整中です。

14日の北海道内での新たなクラスターは、旭川市の「スイミングクラブ」で確認され、計2つでした。北海道内で新たなクラスターが確認されるのは2日ぶりです。

45人中、13人の感染経路が不明で、重症者は3日連続で「0」となりました。

北海道では緊急事態宣言が解除された10月1日から札幌市を「重点地域」とし、飲食店の酒類の提供再開を認める一方で、午後8時までの「時短営業」を10月14日まで要請(酒類提供は午後7時30分まで)。第三者認証を受けた店は午後9時まで(酒類提供は午後8時まで)としてきましたが、感染状況が落ち着いたとして14日で終了することを決めました。

15日以降は全道域で飲食店へ「時短要請」はしませんが、1グループ4人以内とし、2時間以内。カラオケ設備の利用自粛は引き続き要請し、31日までの感染対策を求めています。

北海道内の感染者は、計60519人となりました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加