小栗旬、主演大河ドラマ「鎌倉殿の13人」キャスト発表終了に「一体何事なのかと驚く連続」

小栗旬、主演大河ドラマ「鎌倉殿の13人」キャスト発表終了に「一体何事なのかと驚く連続」

  • モデルプレス
  • 更新日:2020/11/20

【モデルプレス=2020/11/20】俳優の小栗旬が主演を務める2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のキャスト発表が終了し、小栗がコメントした。

No image

(写真 : 小栗旬(提供写真))

【写真】小栗旬&三浦春馬、10年続く“先輩後輩以上の関係性”に迫る「旬さんだけだった」三浦を救った言動とは?<「銀魂2」インタビュー>

◆小栗旬主演大河「鎌倉殿の13人」

2004年『新選組!』、2016年『真田丸』に続く3度目の大河脚本となる三谷幸喜氏が今回描くのは、鎌倉幕府二代将軍・源頼家を支えた家臣13人による権力のパワーゲーム。大河初主演となる小栗は、その中の1人で北条政子の弟・北条義時を演じる。

◆小栗旬、キャスト連続発表に驚き「興奮してしまいました」

小栗は「毎回毎回、キャストが決まったという報告を聞くたびに、一体何事なのかと驚く連続でした。そして、それぞれのお名前を聞く度にこんな豪華な方々と一緒にこの長い旅路を渡ることが出来ることに心強く、興奮してしまいました」と驚きとともに興奮をあらわに。

続けて「ですが、まだそれぞれの役が発表されたばかりです。この皆様方とどんな鎌倉時代を作り出していけるのか、そして、三谷さんがどんな鎌倉時代を我々に見せてくれるのか、期待を持って臨んでいきたいと思います」と気を引き締め、「ただ、これは素晴らしくなる、そう思わせてくれるキャストの集結にただただ、歓喜しております。どうぞ、ご期待くださいませ」と呼びかけた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加