町長辞職を受け富士川町を地盤とする県議が町長選出馬に前向き 山梨

町長辞職を受け富士川町を地盤とする県議が町長選出馬に前向き 山梨

  • UTYテレビ山梨
  • 更新日:2021/11/25
No image

今後行われる富士川町長選に向けた動きも出ています。富士川町を地盤とする望月利樹県議が、町長選出馬に前向きな姿勢を示しました。「町の立て直しに全力で尽くしていきたいという思いを、さらに強くしています」(望月利樹県議)。望月県議は11月25日、このように述べて富士川町長選への出馬の意向を強く示しました。望月県議は、所属する立憲民主党県連に対して、すでに11月30日付での県連幹事長の辞任と離党届を提出していて、年内にも正式に出馬を表明するとみられます。なお、望月県議が辞職した場合、50日以内に西八代・南巨摩選挙区では、すでに市川三郷町長に転出した遠藤浩元県議の欠員も合わせた2議席の県議の補欠選挙が行われます。

テレビ山梨

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加