球界最少164センチ、西武・滝沢夏央 支配下登録→即プロ初安打 同点ホームも

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/13

「西武-楽天」(13日、ベルーナドーム)

西武・滝沢夏央内野手(18)がプロ初安打を放った。

六回無死、二ゴロに思われたが、悪送球で一塁手は捕球できず。一塁ベースを駆け抜けると、滝沢はそのまま二塁へと向かった。判定は安打となり、プロ初安打となった。

続く外崎が左前適時打。迷うことなく三塁を回り、同点のホームを踏んだ。

滝沢は21年育成ドラフト2位で関根学園高から西武に入団。この日、支配下登録されたばかりで、即出場選手登録された上に、先発メンバーに名を連ねた。164センチで、球界最少。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加